2018年 7月 21日 (土)

キャロライン駐日アメリカ大使10月にも着任!スイートじゃなかった米議会での証言

印刷

   暗殺された父ケネディ元大統領の葬儀に出席していた、あのあどけない幼女が大人になって、早ければ10月(2013年)にも日本にやってくる。新しい駐日アメリカ大使に指名されたキャロライン・ケネディ氏が日本時間19日夜(2013年9月)、米国上院外交委員会の公聴会で証言した。

TPPでは日本政府に強く働きかける

   日本への思いについて、キャロラインはこう語った。「大使で行くなら日本以外に考えられません」「はじめて日本を訪れたのは1978年。広島を訪問して大きく心を揺さぶられました」「父は現職の大統領としては、初となる日本への公式訪問を熱望していました。大使に任命されましたら、父の遺志をささやかながらも受け継ぎ、日米両国の強い絆を深めていきたい」

甘くない

   弁護士の資格は持っているが、外交の実務経験はゼロで、公聴会での彼女の発言に注目が集まっていた。尖閣諸島を巡る日中間の亀裂に関しては「ここには日本の施政権があり、安保条約第5条の適用対象に加わっているというのがわれわれの見解です。そのうえで、私はあらゆる方面から働きかけ、緊張を緩和するようにします」

   従来のアメリカの見解を述べただけだが、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の交渉については「わが国の企業と密接に協力し、日本の市場がさらに開かれていくよう日本政府に働きかけ、個人的にも力を入れていくことになります」

   その一方で、沖縄の普天間問題などについては明言を避けた。

ソフトに見えてアメリカの国益しっかり主張

   アメリカ政治に詳しい城西国際大学の土田宏教授は「優等生的発言が目立つが、アメリカの主張はしっかりしてくる。そんなに甘くないですよ」と、外交の素人という見方にクギを刺した。

   コメンテーターの吉永みち子(作家)も「私たちキャロラインちゃんの可愛いイメージを持っていますが、外交経験はないかもしれないが、アメリカの国益に沿って役割を果たすという意志は非常に強いと思いますね」という。

   公聴会で承認を得られ次第、早ければ来月赴任となりそうだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中