JR北海道「線路異常」放置1年!「揺れ大きい」乗客が連絡しても「大丈夫です」

印刷

   雄大な風景が魅力の北海道の鉄道の旅が、安全基準を逸脱したレールの上を走っていたと聞いて多くの人が驚き、あきれ返った。JR北海道はおととい22日(2013年9月)、レール幅など97か所の異常を放置していたことを明らかにしたが、その理由が「手が回らず、後回しにしていて失念した」というお粗末極まりないもので、ずさんな安全管理が厳しい批判を浴びている。

脱線の危険「レール幅、高さのゆがみ」手が回らないから後回し

   鉄道のレール幅は、列車の走行によって高さや幅にゆがみが生じるため基準が定められている。JR北海道は直線で幅の広がりが14ミリ、カーブで19ミリを基準としていて、これを超えると15日以内に補修する決まりになっている。この基準を超えた異常があるのに、約1年にわたり放置されていたケースもあった。今回明らかになった最大の広がり幅は28ミリだったが、専門家によると40ミリ以上になると脱線の危険が高まるという。

人気旅行先なのに…

   JR北海道に異常を訴えた男性会社員は先月(2013年8月)、函館から札幌に向かう特急に乗っていて、長万部付近でかなりおおきな揺れを感じた。「この揺れって大丈夫かなという感じで、正常でないような気がした」という。このところ脱線や出火などのトラブルが続いていたので、レールや車両に不具合がないかとJR北海道にメールで問い合わせたところ、9月12日付けで広報部から返信が来た。内容は「ご指摘の箇所につきましては、9月3~7日に徒歩での巡回の中でレール点検を行っており、点検結果につきましては異常はありませんでした」というものだった。だが、JR北海道が発表した異常個所のなかに、男性が指摘した付近が含まれていた。男性は「裏切られたというか、ウソをつかれたというか」と話す。

心配になる2015年の新幹線開業…危なくて乗れない

   司会役の井上貴博アナウンサーが聞く。「このやりとり、どう感じますか」

   コメンテーターの潟永秀一郎(『サンデー毎日』編集長)「まさにピンポイントでそこだったのかどうかは別として、広報部が本当に現場に聞いて回答したのかどうか、そこまで疑いたくなるぐらい上下の意思伝達がうまくいっていないなと思いますね」

   三屋裕子(スポーツ・プロデューサー)「北海道は旅行に行きたい地域のベスト3。これを機にしっかりやってほしい」

   井上「しかも、新幹線の計画もあります」

   杉尾秀哉(TBS解説・専門記者室長)「2015年開業です」

   新幹線がこんな感覚で運行されたら、怖い、怖い。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中