落し物の大金届けたホームレス全米が賞賛!正直者に報いようと募金1400万円

印刷

   今月16日(2013年9月)にアメリカのボストン警察が、ホームレスのグラン・ジェームズさんを表彰した。拾ったお金を正直に届けたというのだった。ジェームズさんはその2日前、ショッピングモールで落とし物のリュックサックを拾い、中を見たら日本円で約390万円のトラベラーズ チェックと現金約24万円が入っていた。中国のパスポートもある。ジェームズさんはそれを近くにいたパトカーに届けた。

警察が表彰しメディアが伝え、子供までが「貯めたお小遣い送ります」

   話はそれだけだったが後が大変なことになった。警察が表彰したことでメディアがこれを伝え、全米が賞賛したという。この話に感動したイーサン・ウィッティントンという人がネットでジェームズさんへの募金を呼びかけた。「素晴らしい話だと思った。世界中に広げないといけない。ジェームズさんのような優しさと思いやりがある人には、なかなか出会えない」という。ボストンからはるか離れたバージニア州の人だった。

ウェブサイトで見られる

   ジェームズさんがホームレスになったのは8年前。めまいの発作を起こすようになって定職につけなくなった。そこで、募金でジェームズさんの治療費を出そうというのだが、6日間で約1400万円もが集まった。募金した中には子供たちもいた。お手伝いの駄賃をためて「お人形を買おうと思ったけど、ジェームズさんの役に立つように」という女の子だ。これがまたニュースになった。

   当のジェームズさんは、「新しい人生を踏み出す大きな助けになります。みず知らずの人がこんなに親切にしてくれてとてもうれしい」と話す。

   司会の加藤浩次「童話によくあるパターンですね」(笑い)

アメリカでは拾得物謝礼なし

   アメリカ人のロバート・キャンベル(東大教授)はこんなアメリカ事情を話す。「日本だと拾得物の1割の謝礼というのがあるが、アメリカにはないんです。ただ、その人、あるいは事業のために募金をするウェブサイトがあります。趣旨と写真を入れて募ると、1セントでも1ドルでもできる。その経過が全部見える。ジェームズさんのをきょう調べたら、5700人くらいで14万ドルまでいっていました。

   このお金をどう渡すかですが、家族が見つかったが、家族に渡すと本人に届くかどうかわからないので、教会関係のNPOを通じてと書いてありました」

   お金を届けたのが美談というのもアメリカなら、募金でとんでもない金が集まるのもアメリカ。何とも手間のかかること。

   キャスターのテリー伊藤は「日本は年間30億円の落とし物の届け出がある。やっぱり日本は凄いよね」

   まったくだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中