AKB48落ち目!じゃんけん大会ますます盛り下げたヲタ文化人…フジテレビ当て外れて低視聴率 
<AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会>(フジテレビ系)

印刷

   日本武道館で行われた「AKB48じゃんけん大会」をフジテレビが3時間生中継し、平均視聴率は7.5%だったとか。ゴールデンタイムでこの低さ、フジもさぞやがっかりだったのではないか。もっとも、昨年(2012年)、TBSが放送した際の視聴率は8.7%だったので、普通に考えれば数字がとれないのはわかりそうなものだが、そんな難物件に手を出したフジのほうがおバカといえそうだ。
   南海キャンディーズの山ちゃんに代わってレフリーをつとめたフジの伊藤アナが声を枯らしながら、「じゃんけんポイ!」と絶叫する姿を見て、難関突破してアナウンサーになったのに、こんな仕事をさせられて……と気の毒になった。
   今回、谷村新司、関根勤、リリーフランキーがゲストとして見にきていたのはまだ許せるとして、その後ろに座っていた宇野常寛、中森明夫、濱野智史、本郷和人といったAKB48ヲタ文化人は違う気がする。自腹を切ってチケットを買って見に行くのならまだしも、これでは文化人という立場を利用してAKB48にすり寄り、甘い汁を吸っているようにしか見えない。ずっと応援してきたファンにしてみれば、あいつらだけうまいことやりやがって、と頭に来るのではないだろうか。
   たかがアイドルグループの「じゃんけん大会」を国民的イベントに仕立て上げようったって無理。TBS、手放して大正解!?(放送2013年9月18日19時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中