オネエ検査官・片岡愛之助「半沢の視聴率すごい数字でビックリです」こんな裏話も…

印刷

   ドラマ「半沢直樹」(TBS系)最終回の平均視聴率が関東地区で42.2%、関西地区で45.5%(いずれもビデオリサーチ調べ)を記録した。オネエ検査官・黒崎駿一役の片岡愛之助(41)が「凄い数字でビックリです」と9月24日(2013年)にブログで喜んでいる。

   大阪西支店の副支店長・江島役の宮川一朗太(47)は喜びとともに撮影裏話をブログで明かす。「相手へ顔をグ~ッと近づけて芝居をするシーン」が多く、半沢の部下・中西役の中島裕翔(20)が「小木曽次長とキスするかと思いましたよ…」とこぼすほどだったそうだ。

   顔を近づけての撮影は「普通のドラマだとまずNG」だという。顔が近いと照明が当たらず、「相手の顔に影が出来てしまう」のが理由だが、この作品では「それがどうした!」とばかりに多用したといい、「そこには『本物』がありました」と評している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中