京都スポーツカー暴走で新証言「警察の交通取り締まり逃げようと急発進」

印刷

   集団登校中の小学生にクルマが突っ込むという悲劇が繰り返されている。昨日24日(2013年9月)は京都府八幡市で事故が起きた。事故の経緯はこうである。18歳少年が運転するスポーツカーが一方通行道路を南進して、突き当たりを左折して府道に入った。このときクルマは一時停止を無視した上、「ドリフト」走行で高速左折した疑いもあるという。

   クルマは最初に走行車線のガードレールに車体を接触させてバランスを崩し、次に対向車線に向かい、車道と歩道をへだてる鉄柵をなぎ倒して飛び越え、宙に浮いて子供に当たったという。クルマは7メートルも空を飛んだとされる。

「ガードレールに接触して数秒止まってた」

   目新しさに乏しい情報が伝えられたあと、田中良幸リポーターが「ひとつ気になる目撃証言がありまして」と言う。現場から数十メートルのところで事故を目撃した人が、事故車は最初にガードレールに接触したあと、「数秒止まっていた」と証言したそうである。付近では警察が交通違反の取り締まりを行っており、「現場の状況から、警察がいるのであわてたのではないか」(田中)などと、逃走しようとして引き起こした事故である可能性が示唆された。

7メートル飛べないよ

   しかし、司会の小倉智昭は「いったん止まってから7メートルも飛べないよ。バックしてよほど加速でもしないと」と声を上げ、「新証言」にはなはだ懐疑的だった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中