JR北海道「レール異常」さらに170か所―放置の背景に赤字体質、組合問題

印刷

   貨物列車の脱線事故から明るみに出たJR北海道のレール異常の放置問題で、これまで97か所とされていたが、新たに170か所がみつかったと、きょう25日(2013年9月)未明に発表があった。JR北海道は夜を徹して補修作業続けている。170か所は函館線など7路線に及ぶが、北海道全体で計約270か所は常識では考えられない。

レール基準「旧国鉄」と「JR」では違う?

   JR北海道によると、「曲線部のレールの基準」は本来「旧国鉄時代の基準」を適用すべきところを、誤って「JRの基準」を使用していたという。あらためて「旧国鉄基準」でチェックし直したところ、170か所で基準値を超える異常が見つかったのだという。エッ、では「JRの基準」ていったい何なのだ?

企業体質に原因

   国交省は21日から特別保安監査を行って線路の保守管理体制を調べているが、レールの補修結果が本社に報告される仕組みになっていないなど、チェック態勢ができていないことが明らかになった。24日午後には、鉄道事業本部長らがこの問題で会見している最中に、根室線白糠駅で列車の床下から白煙があがる故障の速報が入った。網走駅では特急「オホーツク8号」にブレーキの不具合が見つかっている。ブレーキ制御ピンが走行中に外れたと見られる。

   菅官房長官もきのう「わかっていて対処しないのはきわめて悪質。個別のミスではなく、組織体質的な問題もあるのではないか」と不信を表明した。国交省も監査要員を増やして27日まで監査を延長した。

不幸中の幸い…「福知山線事故」にならないうちに発覚

   森圭介アナ「さみだれ式にいろいろ出てきてます」

   宮崎哲哉(評論家)「この2年くらいのトラブル続きは、企業体質が何かおかしいんだと思いますね。経営基盤の脆弱もあるし、労使関係もうまくいってないのではないですか」

   北海道出身の司会の加藤浩次は「北海道のことを考えたら、根本的に体質変えないとダメだろうと思いますよ。このままいったら、同じことが起こる」という。

   宮崎「福知山線みたいな事故にならないうちに表に出たのは、改善のチャンス」

   キャスターのテリー伊藤「JR東海とかちゃんとしているところもある。そういう人たちに見てほしいよね」

   加藤「北海道は客も少なくて、潰せない路線もあって、赤字になるのはわかるんだけど、安全だからね」

   しかし、「JRの基準」とは何なのかが、最後まで説明されなかった。やっぱり新聞読まなきゃダメか。その新聞だって怪しいもんだが‥‥。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中