前田敦子にお七無理!むき出しおでこと大きなお目目にゃ噴き出した!時代劇に若者取り込み失敗
<あさきゆめみし~八百屋お七異聞 第1回>(NHK総合)

印刷

   NHKのドラマ班はどうもよくわからん。脚本がジェームス三木で演出が岡崎栄、父親役が中村雅俊で母親役が竹下景子と、みんな一流どころを揃えて、主役のお七が前田敦子だって。前田が昔々、人気グループのセンターというポストを保持していたアイドルだったということは知っているが、美人でもないし時代劇の素養があるわけでもないし、おでこむき出しのアップばかり映して、時代劇ファンのおじいちゃんおばあちゃんが喜ぶか。何考えてんの。
   八百屋お七の古典的悲恋話を、火付けは冤罪だったってアナタ、そんなに改変していいのか。前田敦子で複雑な心理の成り行きを描けるのか。第1回を見る限り、前田のアップの顔が、お目目の大きなぬり絵の女の子に見えて筆者は噴き出しそうになった。相手の寺小姓・吉三郎(池松壮亮)が、父親の謀反で一家の男は皆殺しにされるからと、女の子に化けて寺に預けられたという複雑な役、その相手役だから、演技が下手では務まらないだろう。
   14歳のお七にしてはハタチ過ぎている前田はもうおばさんだ。彼女を持ってくる必然性がない。いわば、大河もだめ、BS時代劇もだめ、久しぶりの地デジゴールデンアワーだから、人気者を据えて、時代劇フアンでもない若者を取り込もうとした? 浅はかである。視聴者はバカではないので、引っかからず、第1回の視聴率はトホホの5.8パーセントだった。無名でもいいから初々しい子を見たい。(放送2013年9月19日20時~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中