2018年 7月 20日 (金)

渡辺えり「あまちゃん『暦の上ではディセンバー』の振付けは全部覚えさせられた」

印刷

   女優の渡辺えり(58)がドラマ「あまちゃん」(NHK総合)の思い出を9月26日(2013年)のブログで振り返っている。劇中歌「暦の上ではディセンバー」の踊りを披露するため、「太巻」こと荒巻太一役の古田新太(47)から指導を受けたという。

   渡辺と片桐はいり(50)は演出家から「とにかく全部覚えてくれ」と言われたため、バックダンサーの経験がある古田の指導を仰ぎつつ「死ぬか? と思うほど練習した」という。

   いくら練習しても「放送では編集されて、ほんの少しになってしまう」と嘆くが、「でもどこが使われるか分からないので、とにかく全部覚えなくてはなりません」という。完璧に踊れればいいとも限らず、「ときには失敗した箇所がわざと使われる場合」もあったと明かしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中