みのもんた「オーナー会社」トラブル解決に暴力団仲介!?島田紳助と瓜二つの構図

印刷

開き直った息子の責任「世間騒がせたって…私は別に何やったわけでもないんです」

<「南無妙法蓮華経、南無法蓮華経。暑さ寒さも彼岸まで。昨日、お墓参りをしてご先祖様に近況報告してまいりました。『大変、世間をお騒がせして申し訳ございません』とね。とはいえ、私は騒がしたつもりはまったくないんです。私は別に何をやったわけでもないんですからね。お前の周りでそんなことが起きたから、お前はどうするんだと言われてもねえ。
   いろんな人がいろんなことをおっしゃってる。でも、皆さんにひと言いいたいのはね、あくまでもこれは他人のことですから。もしご自分が私の立場になったら。どうなのかなあ。そういうことを考えてからお喋りになった方がいいよ、と」>

   週刊誌ではみのもんた追及がますます過熱してきている。これは『週刊文春』に載っているみのもんたが文化放送『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』(2013年9月21日放送)でしゃべったものである。

   『週刊現代』で、この問題について評論家の呉智英氏がこんなコメントを寄せている。<日本では家族主義、親族主義が強いため、「食卓のない家」(円地文子作=筆者注)で描かれたような議論は昔からありました。今回のみの氏とその息子の一件に関して言えば、みの氏が成人した子供の責任を負う必要はないと考えるなら、徹底して突っ張るべきだと思います。報道番組だろうと、バラエティ番組だろうと出演自粛などしなければいいのです。

   みの氏が、「社会人として息子を罰すべきは、きちんと罰してください。私を罰すると言われても、私には責任がない」と断言したら、インパクトはあるでしょうね。それがプラスになるか、マイナスになるか。私は信念を持って毅然と言い切れば、最終的にはみの氏にとってもプラスになると考えます>

   これをみのは読んだのだろうか。自宅で謝罪したときとはかなり変わってきているようだ。だが、『週刊新潮』では上智大学文学部の田島泰彦教授がこう断じている。<「みのは社会的問題を取り扱う番組に中心的立場で出演し、様々な事件や出来事を追及してきたのだから、自分の身内の問題についても説明責任がある。30歳を過ぎて独立しているのだから云々は、一般人の話。彼の立場なら、安全な場所にいるときは好き放題言って、自分の身に危険がおよぶと逃げるなど、許されるはずもありません」>

   9月24日現在、みのの次男・御法川雄斗容疑者は窃盗容疑を未だ否認し続けている。<「拘留期間が十日間延長された。これは窃盗未遂では珍しいケース。初犯のため起訴猶予になる可能性もあるが、容疑者は弁護士を三人つけてあくまで争う姿勢のようだ」(捜査関係者)>

TBSにも届いた「重要告発」―任侠系政治団体の街宣車抗議中止をあの人に依頼

   人間落ち目になりたくないものだと思うのは、案の定、みのも過去の古傷を暴かれているからだ。週刊文春によればこうである。島田紳助が暴力団との黒い交際で引退した頃、TBSに対し、ある人物から重要告発があったというのである。

<「告発の内容は、みのが過去に右翼団体とトラブルになり、暴力団関係者が解決に動いたというものでした。〇三年頃、右翼の街宣活動の標的とされ、困り果てていたみのが、相談を持ちかけたのが、バーニングプロダクションの周防郁雄社長だった。
   その周防氏が、神戸に拠点をおく暴力団『松浦組』の民族派団体『大日本新政會』に救済を求め、話し合いの末に解決に至ったというのです。これが事実であれば、みのは周防氏を介して暴力団関係者にトラブル解決を依頼したことになる。TBSにとっては看過できない問題のはずでした」(事情を知る関係者)>

   だが、この告発をTBSは黙殺したという。周防氏が解決を依頼したのは当時親しかった「大日本新政會」総裁の笠岡和雄氏である。周防氏が所有する麻布のビルに東京事務所を構えていた笠岡氏は、周防氏の依頼を受けてたびたびトラブルの解決を請け負っていたという。

   みのが右翼の攻撃対象となったのは、みのの父親が創設した水道メーター会社「ニッコク」が関わった談合事件だった。東京都への水道メーター納入業者を決める一般入札で談合を行ったとして、2003年7月に「ニッコク」に東京地検特捜部の家宅捜索が入り、7月15日には公正取引委員会から排除勧告を受けている。

   各テレビ局が無視を決め込んだこの談合事件に目をつけたのは、任侠系の政治団体だった。街宣車が港区にある「ニッコク」本社で激しい抗議活動をしたが、ある日ピタッと止まった。笠岡氏がこう話している。

<「厳しい抗議文が連日ファクスなどでもニッコクに送られていたようです。談合が明らかになった以上、テレビはやめろ、許さないと。周防氏がその抗議文を私のところに持ってきて、『なんとか、みのさんを助けてくれませんか』と。そういうことでした。私が解決に動いたことは、もちろんみのさんも知っているはずです」>

   これでは島田紳助の件と瓜二つではないかと、週刊文春は難じている。<紳助が闇社会との黒い交際を始めたのも、過去の番組での発言を咎められ、右翼団体の抗議を受け、その解決を頼むために渡辺二郎氏の仲介で山口組の幹部と知り合ったことからだった。みのも同じく、結果的に暴力団に仲介を頼んだことになる。まさしく紳助と『同罪』なのである>

   週刊新潮では、敷地3000坪、延べ床面積約270坪。神奈川県鎌倉山にあるみのの豪邸が『呪われている』と書いている。みのの豪邸の近くに住む人がこう話している。

<「みのさんはあそこに引っ越してから、よくないことが立て続けに起きていますね。去年春、みのさんのマネージャーだったニッコク取締役が脳梗塞で倒れ、 5月には奥さんの靖子さんが66歳の若さで亡くなり、今年の夏はみのさん自身がセクハラ騒動に見舞われ、そして次男が逮捕でしょ。鳥肌が立ちましたよ。あの土地、人が死にすぎている気がするんですよね」>

   みの邸には女優の田中絹代が住んでいた家もあったが、それも壊されて跡形もないそうである。みのは散々悪口を書いた週刊誌に「100倍返し」してやると息巻いているようだが、これ以上旧悪を暴露されないように気をつけたほうがいいようだ。

安倍首相が進める「首切り特区」遅刻1回で解雇、残業・休日割増ゼロ

   最近、安倍首相というのは『変人』といわれた小泉純一郎元総理よりも怖い人かもしれないと思うようになった。『敵』を知らなければと、安倍首相が書いたりしゃべった本を何冊か読んでいるのだが、読めば読むほどある信念に凝り固まった人だという思いが強くなる。

   突き詰めれば、この人の頭の中には「憲法改正」しかないのだが、そうすれば世の中がよくなると信じ込んでいるのが怖い。憲法を変えて、戦争のできる普通の国にするするためには手段を選ばない、死をも賭すという『覚悟』はハッタリではないようである。

   その安倍首相がとんでもない特区を仕掛けようとしていると、9月21日の『朝日新聞』が報じている。<政府は企業が従業員を解雇しやすい特区を作る検討に入った。労働時間を規制せず、残業代をゼロにすることも認める。秋の臨時国会に出す国家戦略特区関連法案に盛り込む。働かせ方の自由度を広げ、ベンチャーの起業や海外企業の進出を促す。だが、働き手を守る仕組みは大きく後退する」>

   この制度は「ホワイトカラー・エグゼンプション」と呼ばれて、第1次安倍政権でも検討されたが、「残業代ゼロ法案」と批判を浴びて断念したものだ。<今の解雇ルールでは、やむをえない事情がなければ、経営者は従業員を解雇できない。特区ではこれを改め、働き手と企業との契約を優先させる。例えば、「遅刻をすれば解雇」といった条件で契約し、実際に遅刻をすると解雇できる。立場の弱い働き手が、不利な条件を受け入れ、解雇されやすくなりかねない。

   また、今の労働時間の規制は原則1日8時間で、それを超える場合に労使の協定が必要。特区では、一定の年収がある場合にすべての規制をなくし、深夜や休日にどれだけ働いても割増賃金を払わないことを認める。働き手が希望した場合に限るとの条件をつける>(朝日新聞)

   安倍首相は10月中旬には特区地域を指定するというのだ。労働者を軽んじ、大企業に限りなく甘いこの政権をこのまま放置しておくと、小泉政権の時以上に働く者たちにとってつらい日本になることは間違いない。なにしろ、小泉政権の時に新自由主義の旗を振った竹中平蔵氏が、安倍首相のブレーンに返り咲いているのだから。

徳田虎雄・毅親子「金まみれ選挙」病院職員使ってあっちに1000万円、こっちにも1000万円

   ここへきて安倍内閣にとって由々しき事態が起きている。徳田毅自民党代議士(42)の選挙違反を捜査するため、東京地検特捜部が動き、100カ所近い捜索を始めたからだ。

   徳田氏の父親・虎雄氏(75)は巨大医療グループ「徳洲会」を一代で築きあげた人物だが、この人のカネまみれ選挙は有名だった。息子も父親ほどではないようだが、自由に使えるカネと人を注ぎ込んで政界に足場を築こうとしてきた人物である。

   昨年12月の政治資金パーティには安倍首相も駆けつけ、「自民党のホープ」と持ち上げている。この事件をきっかけに、政界のどこまで捜査の手が及ぶのか。安倍政権を揺るがす事件に発展するかもしれないのだ。

   週刊新潮によれば、昨年12月の総選挙で毅氏の選挙区である鹿児島2区に駆り出された徳洲会の職員は、最低でも370人に上るという。徳洲会関係者によればこうである。<「傘下の病院から掻き集められた職員には、ビラ撒きや戸別訪問などが割り当てられました。しかも、公示後は欠勤扱いとして、引かれた給与分をボーナスに上乗せし、3000円の日当まで支給していたのです」>

   毅議員は絶体絶命のようだが、総帥の虎雄氏は徹底抗戦するといっているそうだ。10数年前にALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し、眼だけしか動かせないが、その眼でプラスチックの文字盤を追い、意志を伝えている。

   この人が繰り広げた鹿児島県徳之島での凄まじい選挙戦は今も語り草である。古参幹部がこう振り返る。<「当時は理事長(虎雄氏)が直接、地元に現ナマを運んでいました。ひとつの紙袋に1億円を詰め込んでね。空港の手荷物検査でX線にかけると、見たこともないような大量の札束が透けて見えるので、係員は驚きのあまり言葉が出ない」>

   地元入りした虎雄氏は選挙スタッフに、あの町に1000万円、こちらにも1000万円と、札束を手渡しながら指示を飛ばしたという。<「86年の選挙で徳田陣営は20億円落としたと聞いている。この選挙では徳田派24人が選挙違反で逮捕された」(鹿児島県警関係者)>

   選挙違反は徳田家のお家芸のようだ。全国に67の総合病院など約350もの関連施設を持つ徳洲会は、日本最大の医療法人グループである。そこから徳田ファミリーが吸い上げるカネもものすごい。

   「カブトク」という会社がある。<千代田区にある株式会社「徳洲会」のことだ。虎雄氏が全株を持ち、社長は長女の越澤徳美氏(49)。取締役にも次女のスターン美千代氏(46)をはじめ虎雄氏の子供が並ぶファミリー企業である。徳洲会の関係者がこう語る。

   「全国各地の徳洲会病院が薬や医療機器を調達する際、本部の指示でこの会社を間に挟むことが義務付けられる。その結果、カブトクには常に5~20%の仲介手数料が入ることになるのです。もちろん病院は直接業者から仕入れたほうが安く済むのですが、本部の意向に逆らえるハズもない。確かに医療法人には株式会社が必要なケースもありますが、このトンネル会社は、年間800億もの売り上げを誇り、ファミリーは多額の役員報酬を得てきました」(徳洲会関係者)>

   栄華を誇った徳田ファミリーも落日の時を迎えるのか。東京地検が意気込んでいるのは、捜索で虎雄氏のパソコンが手に入ったことだという。ある地検関係者によれば、「〇〇に○千万円運べ」といった具体的な指令が、パソコンには保存されているという。

<「特捜部の最終目標は、徳洲会から永田町の有力議員へ渡ったカネの流れを解明し、犯罪に問えるものがあれば、バッジ(議員)の身柄を取ること。今回の捜査は、地元の警察がやるような単なる選挙違反事件とはワケが違う。だからこそ、史上空前規模で捜査を行っている。そして、この前段階として、毅議員のほか、選挙の陣頭指揮を執った次女、選挙資金の供給源となった会社の代表取締役である長女の逮捕まで視野に入れています」(社会部キャップ)>

   今回の捜査は威信の低下した特捜部の起死回生をかけるものになるというのである。元特捜検事の郷原信郎氏もこういう。<「公職選法違反から入って、巨額の政治資金規制法違反や脱税などの罪状で、政界にどれだけ切れ込めるか、捜査を見守りたい」>

   成り行き次第では安倍政権の致命傷になるかもしれない。

自民党政権お抱え関学大教授「セクハラ」「研究補助金ネコババ」「女子学生に妊娠・中絶」

   週刊文春は関西学院大学経済学部の看板教授、林宜嗣教授(62)のスキャンダルを報じている。林氏は日本財政学会で長年理事を務め、政府税制調査会や国土審議会、地方制度調査会で委員や委員長を歴任した政府ブレーンだ。関学大では2001年から経済学部長を2期務めている。地方分権の論客としても知られ、麻生太郎政権時代の09年には、全国の市町村が大統合された「平成の大合併」について答申を提出している。甘いマスクで高級ブランドスーツを着こなし、阪神間の高級住宅地に豪邸を構え、高級車を乗り回すセレブとしても知られているという。

   彼を告発するのは2001年から林ゼミに入った女性Aさん。彼女は林教授から執拗なアプローチをされたと、こう語っている。<「私は林教授から、頻繁に食事に誘われました。他の院生と同席するときにしかご一緒しませんでした。また、ゼミが終わるとみんなの前で『Aさん、車で送ってあげるよ』と何十回も誘われ、断る理由にも困るほどでした。(中略)

   ところがある時、同期のBさんという女性から『先生は肉体関係を持てば特別に指導してくれる人なのよ』と言われました。 Bさんには教授からのメールを見せられたこともあり、その年の夏頃から教授と交際している様子がわかりました」>

   学生対するハラスメントだけではなく、林教授には国庫から支給される科学研究費補助金(科研費)の不正受給疑惑もあるというのだ。科研費は文科省から年間数百万円支給されるが、年度内に使い切らないと翌年から減らされてしまうというのだ。そこで彼女たちに科研費を振り込んで消化したことにして、実際はキックバックさせていたという。

   その他にも、リサーチ・アシスタント(RA)の報酬をキックバックするようメールで指示され、計60万円を手渡したといっている。こうした手法で林教授がゼミ生から集めたキックバックは明らかに不正受給になるはずだとAさんは指摘している。

   Aさんの告発を受け、関西大は今年1月に調査委員会を設置し、関係者の聴取を開始した。そして、科研費などの不正受給ついては指示のメールや通帳など証拠が十分にあったためか、調査委は事実と認定したそうである。しかし、林教授に対しては何の処分も行われていないという。

   学生に対するハラスメントについては、まるでAさんの被害妄想であるかのように、林教授の行為をハラスメントとは評価できないと一蹴したという。彼女の告発と別に、林教授には妊娠中絶疑惑もあるという。林ゼミに在籍したCさんという女性と不倫し、妊娠させてしまったというものだ。Cさんは堕胎をし、その精神的ショックから大学院をやめ、研究者になる夢を閉ざされてしまったという。

   しかも、林教授は中絶費用も公金から捻出したというのである。Cさんに極めて近い人物がこう語る。<「その年、日本財政学会が関学で開催されたのですが、その経費から引き出して中絶費用に当てるよう、Cに指示したんです」>

   これらが事実であれば、教授にあるまじき行為となるが、林教授はどう答えるのか。科研費不正受給については「私は関与していない」。教授の知らないうちに院生たちが勝手に判断してキックバックをしたのか? 「その通りなんですが、これはまだ結論の出ていない微妙な問題ですから、これ以上はお話しできない」。Cさんとの関係についてはどうなのか? 「Cさんが辞めたことに、私を挟んだ関係があったことは間違いないですが、肉体関係などありません。全くの事実無根です」

   関学大の井上琢智学長も「全く問題ないという結論が出ました」といっているが、大学のある関係者がこう憤っている。<「ハラスメントの調査委員長を務めたのはつい最近、酒気帯び運転で現行犯逮捕された対馬路人副学長です。そんな人物が指揮をとった調査をそもそも信用していいものか」>

   国費を不正受給しただけでも大学教授としてはアウトだと思うのだが、身内には甘いのが象牙の塔の習わしのようである。関学大の学生よ、真実を突き止めるために立ち上がれ!

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中