2018年 7月 22日 (日)

「世界体操」白井健三ひねり王子、早くも金メダル確定!?前人未到の超々々難度技

印刷

   「○○王子」ブームも時の流れにのまれてすっかり消え失せた感のある昨今だが、「とくダネ!」によると体操界に世界がオドロく「ひねり王子」が現れたそうだ。ベルギー・アントワープで開催されている「世界体操」の男子予選で、白井健三選手が主要な国際大会ではだれもできなかった前人未踏の「ひねり」技を、床や跳馬で決めたというのである。これらの技に「シライ」の名前が付けられる見通しだ。

技名に「シライ」17歳にして体操界に刻まれた名前

「17歳にしてすでに体操界の歴史に名を刻みました。ものスゴいことなんですね」
まだまだ…

   スタジオでは田中大貴アナが快挙の価値を興奮気味にレクチャーする。ことに床の得点は高く、ロンドン五輪の金メダリストのそれを上回ったという。「すでに金メダリストになれる状況」(田中)などと、すでに金メダルを獲ったような騒ぎとなった。

   しかし、小倉智昭キャスターは「たいしたもんですね」などと言いながら、冷静というか、いささか拱手傍観的であった。「王子」の将来についても、ありがちな太鼓判を押さず、「いまのところ跳馬、床のスペシャリストという感じだが、東京五輪で日本の屋台骨を背負う選手になるには、総合力をもっと高めていってほしい」と厳しく注文を付けていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中