たけし&阿川佐和子さすがトーク巧者…「TVタックル」じゃ言わない聞けないこんな話あんな話
<サワコの朝>(TBS系)

印刷

   この日めでたく放送100回を迎え、記念すべき日のスペシャルゲストとして登場したのはビートたけしだった。司会の阿川佐和子とたけしは「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で長年にわたって共演しているが、いつもは「ゴルフの愚痴とゲストで来た政治家の悪口」(たけし)ぐらいで、じっくり話をすることはなかったという。
   そんなたけしにバイク事故のことや、妻との関係、浅草への思いなどをうまく聞き出す阿川は、さすが100万部売れた「聞く力」の著者だけのことはある。たけしは「自信があった映画をマスコミに酷評され、なぜこんなに叩かれなきゃいけないんだ」と自暴自棄になり、お酒を飲んでバイクに乗ってしまったとバイク事故を語る。事故以来、「他人の評価を気にせず、自分がいいと思うものを作ればいい」と思うようになり、その結果、「ヴェネツィア国際映画祭」など数々の映画賞を受賞した。
   自分の個性を大事にしなさい、というような世の中の風潮や学校教育について聞かれたたけしは、「学校教育は小笠原流でもなんでもいいから、もう一度作法をやり直して…。伝統やお作法を学校教育に入れたら、バカなガキがいなくなると思うよ」といい、最後に今の子供たちへ一言と促され、「今、生きていることに感謝しない」といっていたのが印象的だった。(放送2013年9月28日7時30分~)

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中