スガシカオ「右耳に続き左耳の聴力も落ちました。でも引退するほどではない」

印刷

   2012年10月に右耳の突発性難聴を告白した歌手のスガシカオ(47)が「突発性難聴じゃない方の耳の聴力が落ちてた、最近酷使しすぎたかな」と、9月30日(13年)にツイッターで明かした。

   10月2日になって「引退危機か」などと報じられたが、「大きな夢があるんで、引退しません」と笑う。情報番組で頬のこけた写真を使われ、「もうちょっと、いけてる写真使って欲しい。ま、事務所ないから仕方ないけど」と嘆いている。

   あまりに大々的に報じられたため、2日夕方には聴力の低下は「一時的」と診断されていて「音楽日常生活で問題ない」といい、「むしろこれをバネに最高のグルーヴを奏でるべくがんばって行きたい」と改めて発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中