「サグラダ・ファミリア」完成150年短縮!?2026年のガウディ生誕100年に間に合わせたい

印刷

   アントニ・ガウディがスペイン・バルセロナの教会「サグラダ・ファミリア」を1882年から作り始めて130年経った。いまも未完である。完成まで300年といわれるのだが、このほど、2026年のガウディ生誕100年の年までに完成させると発表があった。ホントか?

高質コンクリートと3D設計図で13年後には竣工

   サグラダ・ファミリアの外壁にはキリストの生涯を表す彫刻がめぐらされ、石に刻まれた聖書ともいわれる。2005年には世界文化遺産に登録された。今後礼拝堂、172メートルの「イエスの塔」などいくつものの塔が造られることになる。

本当にあと13年で?

   CGで見ると、まあ壮大な姿だが、完成は単純計算でも2182年のはず。それが150年も早くできるというのだ。サグラダ・ファミリアに聞いてみると、ファクスが届いた。それによると、技術革新なのだという。まず高品質のコンクリートの割り合いを増やすことで、建設期間が短縮された。さらにCGソフトを使って3Dの設計図を作った。地元メディアは、世界遺産登録で入場者が増え、財源が安定したこともあると伝えている。

   先月公開された映像では、いまは鉄骨がむき出しの「航海の広間」は、来年には完成し、2018年には「マリアの塔」、2026年までには「イエスの塔」をはじめ、すべてが完成するという。

世界遺産検定1級・本村健太郎うんちく「最初から設計図がないんです」

   司会の加藤浩次が本村健太郎(弁護士)に向かって「とうとう来ましたよ、世界遺産が」という。本村は世界遺産検定1級でやたらうるさい。けさ3日(2013年10月)も伊勢神宮の遷宮の話からなにかと世界遺産の話が出ていた。本村は得意満面で「設計図がないんですよ。で、ガウディならこう作るだろうと想像しながら作ってるんです。スペインを中心に著名な彫刻家が集まっているが、その中心になっているのは日本人」と蘊蓄を傾ける。

   本村「あと13年ではできないんじゃないですかね。のんびりしてますからね」

   キャスターのテリー伊藤「死んじゃうから、13年で造ってほしいな」(笑い)

   本村「できなくてもいいんですよ、これは」

   加藤「ボクはずうっと造り続けてほしい」

   テリー「閉店セールで、全然閉店しないのと同じ。青山にあるでしょう、20年ぐらい閉店セールの店があるよね」

   加藤「閉店セールとサグラダ・ファミリアを一緒にしないで」

   なんにしても、スペインのお話ですからね。だれも本気にしてない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中