2018年 7月 18日 (水)

2歳のわが子を川床に叩きつけ殺害!わけわからないこと叫んでいた父親

印刷

   父親がわが子を川床に叩きつけて殺した。にわかには信じがたい殺人事件がきのう3日(2013年10月)夕方、京都府綾部市起きた。殺人容疑で逮捕されたのは城陽市に住む34歳の男で、殺されたのはこの男の2歳の長男だ。奥平邦彦リポーターは「暴行現場となった川は水深は1センチ程度」と伝える。

   父親がわが子を川床に叩きつけて殺した。にわかには信じがたい殺人事件がきのう3日(2013年10月)夕方、京都府綾部市起きた。殺人容疑で逮捕されたのは城陽市に住む34歳の男で、殺されたのはこの男の2歳の長男だ。奥平邦彦リポーターは「暴行現場となった川は水深は1センチ程度」と伝える。

   暴行を目撃した住民は「わけのわからないことを叫びながら、子供の両足を持って子供を川底に叩きつけていた」という。

駆けつけた警官相手に大暴れ

   奥平「犯行に及ぶ約1時間前に、近くを走る国道で乗っていた車とトラックが衝突事故を起こしています。その後、住宅街の空き家に窓ガラスを割って侵入し、犯行に及んだと思われます」

   トラック運転手は「事故が起きたので、警察を呼んで事情を説明している間に親子の姿が消えていた」と話しているという。

   空き家近くの住民は「ガラスが割れる音がしたので、中を覗いたら親子がいた。どちらさまですかと声を掛けたら、すいません間違えましたと父親らしい男性が謝り出てきました。この時、お子さんはニコニコと笑っていた」という。しかしこの時、別の住民は空き家から何かを壁や床を叩くような大きな音を聞き、110番通報している。

   司会の井上貴博アナ「警察は最初にその空き家の不審な音で捜索に来たのですね」

   奥平「そうです。でも、誰かが侵入した跡はありましたが、誰もいなかった。それで空き家周辺を捜索したところ、河原で子供に暴行を加えている男を発見したようです」

   「何をしているのだ」と警官が声を掛けると男は逃げ出し、数十メートル先の中州のようなところで警官3人に取り押さえられた。一部始終を見ていた住人は、「男は大声を上げながら暴れていました」と話す。父親には精神科に通院歴がある。

文   ナオジン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中