2018年 5月 21日 (月)

主犯はだれ?宮崎・女性バラバラ遺体…男1人と女3人「奇妙な関係」

印刷

   宮崎県宮崎市で27歳女性のバラバラ遺体が見つかり、男1人と女2人が逮捕された。事件の背後には1人の男と3人の女の「奇妙な関係」があるようだ。被害者の遺体は彼女が同居していた女性容疑者Aの友人である女性容疑者Bの自宅で、複数の衣装ケースに入った状態で見つかった。今年8月(2013年)ごろに切断、遺棄されたものであるらしい。

「体脂肪率6パーセントの男」に入れ込んだ容疑者と被害者

   「とくダネ!」によると、被害者と容疑者A、Bの3人はみな異性接客系の飲食店につとめており、またある店の客でもあった。通っていた店は廉価・簡易版ホストクラブのようなボーイズバーで、なかでも容疑者2人は店の常連だったという。そして、「体脂肪率6パーセントの男」であるカッコいい店員をいつも指名し入れあげていた。男の売り上げはほぼすべて2人から上がっていた。

tv185429_pho01.jpg
「(6%の男が)ボトルを入れろと言うと、入れる。なんでも言うことを聞いていた。『あの2人は俺の言うことならなんでも聞きますよ』と言っていた」(バーの元店長)

   この男性店員は6月ごろに被害者と交際していたが、知人に「(被害者が)好き好き好き(と言っていて)、しつこいんですよ」と相談するなど、交際トラブルがあった模様だという。この男も今回、逮捕されている。

   小倉智昭キャスター「だれが事件の中心だったのかということですよね」

   岸本哲也リポーター「(容疑者)3人が一緒にいるときには、男性容疑者が一番威張っている感じだと知り合いは話していました」(岸本哲也リポーター)

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中