写真ネット投稿バカついに逮捕!「餃子の王将」全裸撮影の風俗店経営者と店長

印刷

   カメラに向かって土下座する女性、ギョウザ店に裸の男たちがずらり…ネットに載せられた2枚の写真で、きのう7日(2013年10月)についに逮捕者が出た。コンビニやファミレスの従業員らが始めたネットのばか騒ぎに、初のお灸だ。一罰百戒となるのかどうか。

威力業務妨害と公然わいせつ

   札幌市で強要罪容疑逮捕されたのは市の介護職員の女性(43)で、市内の衣料品店で買ったタオルケットに穴があいていたとクレームをつけた。従業員は代金は返したがタクシー代の返金には応じなかった。すると女性は店員を土下座させ、「自宅に来て謝罪する」という念書まで書かせた。その際撮った「土下座写真」に「商品管理の悪さを謝罪する…平社員」としてツイッターに投稿していた(9月3日)。

悪ふざけに歯止め

   女性は「強要はしていない」と容疑を否認しているというが、専門家は「自主的な謝罪はあり得るが、人から強制されると話が違ってくる」という。

   もう1件は、新聞・テレビでも大きく取り上げられた金沢市の餃子店「王将片町店」で数人の男性が全裸でカウンターに座っている写真投稿だ。ショーパブの経営者が従業員と一緒に昨年12月8日の午前9時半ころ、店の制止を聞かずに撮ったもので、写真がネットに公開されたことで店は先月閉店、運営会社の王将フードサービスが警察に告訴していた。

   金沢中署はきのう威力業務妨害と公然わいせつ容疑で経営者(39)と店長(38)を逮捕した。逮捕された経営者は逮捕前、「王将さんに声をかけて許可を取ってる。店から電話で『客がいないいまならいけます』というのでいった。店員から服も貸してもらった」と話している。運営会社は「これが一歩。損害賠償については引き続き検討したい」といっている。閉店にともなう損害となると、話が大きくなるのは間違いない。

弁護士「立証は簡単。犯人側が提供した写真という直接証拠ある」

   井上貴博アナ「逮捕者が出ましたね」

   弁護士の大澤孝征「こういうことをネットで野放しにするのが、警察としていいのかというのがあります。威力業務妨害も、本人は了解があったというが、了解させたことが問題。これだけの人数で押しかけているんだから。写真があって本人もやりましたと言っている。まさに直接証拠なので捜査はやりやすいでしょう」

   井上「強要罪というのは?」

   大澤「やりたくないことをやらせる、あるいは止めさせるなどだが、暴行、脅迫をともなうと強要罪になります」「(会社などで)自己批判署を書かせるのも同じだが、暴行、脅迫がないと成り立たちません」

   杉尾秀哉(TBS解説委員室長)「悪ふざけに歯止めをかけたいという警察の意思がありますよね」

   大澤「安易にやりがちな人へのみせしめ。一罰百戒ですよ」

   井上「損害賠償まで踏み込む店はないですね」

   大澤「被害があったら告訴すべきです。損害賠償請求も有効だと思います」

   そうだ。こういうことをやる連中には、逮捕よりも「金を払え」の方が怖いはず。店を潰したらいくらとられるか、判決ひとつで「百戒」になる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中