2018年 7月 19日 (木)

ソチ五輪の聖火リレー消えちゃった!?沿道の観客がライターで再点火

印刷

   来年2月(2014年)に開幕するロシア・ソチ冬季五輪の聖火リレーがスタートした。発祥地ギリシャのオリンピアで採火された神聖な火だが、あろうことか、その聖火がスタート初日にライターの火に変わってしまった。

   「小倉が斬るニュース」コーナーで取り上げたキャスターの小倉智昭は語気を荒げて「やり直し!」

規則の「予備火」同伴していなかった

   プーチン大統領も参加して行なわれた聖火リレーが始まり、肥満タイプの男性ランナーが右手に聖火を持ってゆっくり走っていたところ、風に煽られ聖火が消えてしまった。それを見た沿道の男性がライターをポケットから取り出し、聖火ランナーが差し出したトーチに火をつけ、ランナーもそのまま走り去ってしまった。

戻ってやり直し!

   聖火はオリンピアで儀式に則って太陽光で火を起こし聖火にする。長いリレーでは途中消えることもあるため、予備火としてランタンに灯し車に乗せてたえず同伴させる。どうやら予備火を同伴させていなかったらしい。ソチ五輪組織委員の担当者に電話すると、こんな答えが返ってきた。「アレはないだろうと思ったのは、日本人だけでなくロシア人もだ。これからは聖火ランナーの隣に予備の聖火を必ず配置する」。小倉は「元に戻さなきゃダメ」と主張するが、やってしまったことはしょうがない。火には変わりないのでそのまま続行ということらしい。

大雑把だがやること派手!世界最深バイカル湖の湖底ダイバーでリレー

   大雑把な国柄の割には国の威信を宣伝するのはバカに熱心で、予定されている聖火リレーのルートは大げさ。いまやライターの火に変わってしまったが、リレーの距離は冬季五輪最長の述べ6万5000キロ。そのルートの中には砕氷船でマイナス30度の北極点や世界最深のバイカル湖の中を特殊装置のトーチを持ったダイバーが潜ったり、挙句は国際宇宙ステーションもコースの中に入っているという。

   11月には、日本人宇宙飛行士の若狭光一がロシアの宇宙船ソユーズで国際宇宙ステーションへ向けて飛び立つが、宇宙船も宇宙ステーションも火気厳禁のはずで、いったいどうするつもりなのかな。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中