世界最速90歳!「熊本・八代のボルト」100メートル走で念願の記録更新

印刷
「これを一番の目標にしていたんですよ、嬉しい。あと10年、100歳まで続けたい」

   45歳以上のシニアたちが陸上・水泳競技で競う「2013国際ゴールドマスターズ京都大会」が5、6の両日(2013年10月)に開かれた。ヒザが痛い、腰がいなどはお笑い種で、陸上100メートルの部では「世界最速の90歳」が誕生した。

69歳から走り始めて獲得メダル240個

   大会には、陸上100メートルで34秒10の大会記録を出した103歳の宮崎秀吉選手(京都在住)を最高齢に、世界15か国・地域から1626人が参加した。オリンピック、パラリンピックに次ぐ第3のスポーツの祭典「マスターズオリンピック」開催を目指しているとあって、みんな意気軒昂だったが、ひときわ輝いたのが「世界最速の90歳」を勝ち取った「八代のウサイン・ボルト」と呼ばれる守田満選手(熊本県八代市)だった。

たいしたもんだわ

   大会3日前に「とくダネ!」が守田選手の自宅を直撃した。8年前に夫に先立たれ一人暮らし。さっそくクローゼットを開けて見せてくれたのが、ズラリと並べられたメダルの数々だ。69歳の時から走り始め、勝ち取ったメダルは240個という。5年前には85歳クラスの100メートル、200メートルで世界記録保持者になった。いまは90歳クラスの所属で、すでに200メートルでは世界記録を更新しているが、100メートルで更新するのが今大会の目標と話していた。

体力の秘密「生タマゴ一気飲み」「塩コショウたっぷりの豚肉」

   最終調整を終えて臨んだ大会で、世界記録の23秒18を敗れるか。「これで取れなかったらやり直しがきかない。後がないから」とちょっぴり弱音とも取れる発言をしながらスタートラインにたつ。白髪をなびかせ疾走した結果は23秒15。 0.03秒上回って世界記録を更新した。

   キャスターの小倉智昭「いやあ、たいしたものだね。90歳で100分の3秒を争っているんだから」

4

   00メートルハードルの五輪選手だった為末大「この年齢で目標を持って努力し、それを越すのは素晴らしいですよ」

   守田選手の体力維持の秘訣は毎朝の食事にあった。生タマゴを一気飲み、塩と胡椒で味付けした豚肉にかぶりつく。専門家によると「高齢者はタンパク質を若い人より多く取ること。それが老化予防になる」という。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中