引っ越しやだあ~名古屋・東山動物園「新ゾウ舎」3か月も転居拒否の頑固おばさん

印刷

   名古屋の東山動物園で困ったことが起きている。ゾウのために立派なゾウ舎をつくったのに、引っ越しをしないゾウがいるのだ。あの手この手で誘導するのだが、いっこうに埒が明かない。ゾウとの綱引きがもう3か月も続く。

あの手この手の誘導作戦ことごとく失敗

   先月28日(2013年9月)、東山動物園に日本最大級のゾウ舎「ゾージアム」がオープンした。これまでのゾウ舎に隣接して建てられ、広さはこれまでの4.5倍で、ゾウが悠々と遊べるプールが2つと、好きな時に浴びることができる自動シャワーや床暖房もついているという至りつくせりの豪華ゾウ舎だ。

いい新築なんですが

   しかし、1頭のゾウが断固して新居への引っ越しを拒んでいるのである。この動物園に来て39年になるアジアゾウのワルダー(メス)だ。「早く行こうと話しかけてはいるんですが、通じているのか、いないのか」と飼育員の湯川正幸さんも困り果てている。新ゾウ舎までのわずか22メートルの移動路をどうしても渡らないのだ。これまでもいろいろ作戦を練ってきた。

(1)母性本能作戦―子ゾウを新ゾウ舎のゲートの前に立たせ、興味を持たせようとしたが、なぜか怖がって寄りつかない。

(2)仲間で安心作戦―仲間の姿が見えれば行くのかなと、仲間を見えるようにしたが、思った以上に神経質でこれも失敗。

(3)エサで釣る作戦―なるべくお腹をすかした状態で通路にエサを置いて、それをだんだん新ゾウ舎に近づけるというおびき寄せ作戦だ。エサに向かって進むかに見えたが、鼻が届くところのエサを引き寄せるとそのまま後ずさり。

いまいる安全なところから動きたがらない習性

   アジアゾウに詳しいアジア産野生生物研究センターの堀浩所長は、「安全な場所に何十年もいたので、そこから出るのは非常に怖がります。ゾウはすぐに行動に移せない動物なんです」と解説する。

   司会の羽鳥慎一「今のところの安心感というより、新しいところへの恐怖感がすごく伝わってきますね」

   司会の赤江珠緒「今の場所よりかなりいいですけどね」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「通路が狭いんじゃないの。それが心理的な圧迫感となっているんじゃないの」

   動物園としては今週中には引っ越しを終わらせたいそうだが、果していいアイデアが生まれるかどうか。でも、なんだかかわいいね。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中