桂文枝「あんな息子をもって首つった鶴瓶さん幸せ」半沢直樹のネジをプレゼント

印刷

   落語家の桂文枝(70)が笑福亭鶴瓶(61)からのプレゼントを10月10日(2013年)のブログで見せびらかしている。鶴瓶はドラマ「半沢直樹」(TBS系)でネジ工場を経営する半沢の父・慎之助を演じた。その時に登場した樹脂製のネジを文枝に贈ったのだ。

   「半沢」ファンの文枝は大喜びしながら、半沢がネジを握りしめすぎて手から血を流すシーンを振り返る。話題になったラストシーンの左遷人事には「世間はあれが普通 あれが世の中とか かまびすしい」と語っている。

   ドラマでは経営苦で慎之助が自殺しているが、「あんな息子をもって 首つった鶴瓶さんも幸せ」だといい、重要な小道具となった樹脂ネジについて「ネジは象徴的でした、ネジ考えた人すごい」とほめている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中