ASKA潔白ならなぜ活動自粛?週刊文春の弁明も事務所対応も意味不明

印刷

   『週刊文春』に「シャブ中疑惑」を書き立てられ、記事は事実無根だとの声明をいったん出したあとで、同じ週刊文春筋で通りにくい弁明をするというのも妙な話である。

   CHAGE and ASKAのASKAが話すことには、違法薬物の吸引などはしていないが、医者に行けばもらえるはずの合法なクスリを「面倒くさいから暴力団から入手した」(キャスター・テリー伊藤)そうである。

「違法行為なかったが、取材応じたのは遺憾」

   ASKAの所属事務所はあくまでも違法行為はなかったとしながらも、ASKAが勝手に週刊文春の取材に応じたことや記事の内容が遺憾だとして、ASKAの活動自粛を発表した。期限は決まっていないという。

わからないこと多い

   しかし、事務所のこの対応もまた人々を納得させるものではないようである。「ちょっとまだわからないことが多いなと感じる。事務所は『自粛』だと言ってるが、潔白だったら、しっかり発表したほうがいいのでは」(司会・加藤浩次)

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中