<1年前のワイドショー>「とくダネ!」小倉智昭も騙された!山中伸弥ノーベル賞騒ぎに付け込んだニセ研究者

印刷

   京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞の研究と活用でノーベル医学生理学賞に決まった去年10月初め、日本中がこの話題で持ちきりになった。次はこの万能細胞を利用してがんなどの難病治療で実用化されるのはいつになるのかに期待が膨らんだが、「私はもうやってますよ」という研究者が現れて、ワイドショーもびっくりした。<iPS細胞使って「心臓病治療」ハーバード大で実用化!患者すでに8か月普通の生活>(フジテレビ系「とくダネ!」)と興奮気味だった。

   世界初の臨床応用に成功したと言い出したのは、自称ハーバード大学の客員講師・森口尚史で、すでに6人を治療し、成果を上げていると読売新聞などに話していた。読売新聞はこれをこの日(2012年10月11日)の朝刊でスクープとして報じていた。

嘘八百だった「iPS細胞使ってすでに心臓病治療」

   ところが、この森口はとんだ食わせ物だったのだ。話は全くのデタラメで、ワイドショーは<怪しすぎる自称ハーバード大「iPS細胞手術」研究者―医者でもなく患者も不明!>(テレビ朝日系「モーニングバード!」)、<米国で「iPS細胞実用化」大ウソ!発表の日本人研究者ノラリクラリ学会発表も中止>(「とくダネ!」)とあきれながら伝えた。

   面目丸つぶれだったのが「とくダネ!」だった。他の番組は読売新聞のスクープを懐疑的に扱ったが、「とくダネ!」は手放しで喜んでしまったからだ。<小倉智昭平謝り「森口ニセiPS話」この番組もすぐ飛びついてしまった…>(「とくダネ!」)とお粗末なことになってしまった。

   こうなると、ワイドショーの興味は森口とはどんな男なのかに向かう。騒ぎになる前に<森口尚史氏コンビニで自慢「僕もノーベル賞もらってたかも。読売新聞とっといて>(「モーニングバード!」)と頼んでいたことが明らかとなり、嘘八百並べて東京大の特任研究員という肩書を入手していたこともわかった。<東大の事情聴取甘い!森口尚史「特任研究員」辞任撤回>(TBS系「朝ズバッ!」)、<こんな大ウソ想定外!? 森口尚史にコロリやられた東大・報道機関のおマヌケ>(日本テレビ系「スッキリ!!」)というわけだ。

   しかし、この人物いっこうにめげず、<ウソiPS手術の森口尚史氏帰国!まだ言ってる「家に帰ればすべて証明」>(「朝ズバッ!」)と逃げ回っていたが、<森口尚史氏雲隠れ!聴取の東大「研究補助員で基本給45万円、週40時間勤務」>(「とくダネ!」)でこの騒ぎは幕となった。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中