「臨時国会」重要テーマ山積なのに短すぎる会期…ねじれ解消で力任せに運営?

印刷

   臨時国会がきょう15日(2013年10月)から始まった。安倍首相は「成長戦略実行国会」と位置づけ、アベノミクスの仕上げを目指すほか、安全保障関係の整備ももくろむが、福島原発の汚染水問題やTPPの聖域問題など難問も山積だ。12月6日までの53日間では足りないとみられているが、衆参ねじれ解消で力任せに押し切られたのではかなわない。

消費税増税、福島原発汚染水、TPP、日本版NCS、秘密保護法…

   与良正男(毎日新聞論説委員)は「それにしても長~い、子どもに説明できないくらい長い夏休みだった」という。彼は参院選挙後から「夏休みなんかとってるときか」と主張していた。その通りだ。

長すぎた夏休みボケ

   安倍政権が目指すのは、企業に設備投資などを促す業競争力強化法案など「成長戦略」関連と日本版NSC(国家安全保障会議)設置や特定秘密保護法案などだ。タカ派の安倍首相はとくに後者に力が入る。野党が攻めたいのは汚染水とTPP。アベノミクスの実効性論争もある。端的には「それで給料があがるのか」ということだ。

   与良「汚染水問題は深刻で、首相が言うような『コントロール』どころじゃない。これを2か月も放っておいた。自民党の一部には対策のための組織の問題をいう声まで出ています。東電に任せておけるのかというわけです」

   作業員の疲労と被ばく、人が確保できるのか。指揮の問題もある。「東電の人が現場にいきたがらない」現状をどうするか。

   TPPで聖域を削るという話では、与良は「関係者は始めからわかっていたことで、余計割り切れない」という。消費税引き上げを表明したあとの初の国会ということで、杉尾秀哉(TBS解説委員室長)は「法人の復興増税の前倒し廃止も論議になる」

   与良「成長戦略というが、内容に新しいものはない」

緊張感ない野党―足の引っ張り合いや内紛

   司会の井上貴博アナ「時間が足らないでしょう」

   重要法案が目白押しで、電気事業法改正(発送電分離)、国土強靭化(災害に強い国土をというがシロアリの巣でもある)、国民投票法改正(投票権を18歳以上に)、国家公務員制度改革関連などなど、一筋縄ではいかないものばかりだ。

   杉尾「これだけのものを53日間でできるわけがない」

   与良「なんで8月からやらなかったのか。とくに汚染水ですよ。野党も足を引っ張り合っている場合じゃないですよ。ねじれが解消して初の国会ですから、論戦を見てみたい。夏休みボケはやめてほしい」

   あとひとつ、ねじれがないというのは、何でもできるってことよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中