前園真聖「乱暴狼藉」すべて映っていた車載カメラ!テレビ解説は当面自粛

印刷

   酒を飲み過ぎて記憶を失うことはそう珍しいことではない。ただ、サッカー元日本代表の前園真聖(39)は度が過ぎた。おととい13日(2013年10月)の朝方、タクシーの料金を払わないばかりか、注意した運転手の頬を殴ったうえ太ももを蹴り飛ばしたとして暴行の疑いで現行犯逮捕された。運転手とは示談が成立し、きのう14日に処分保留のまま釈放されたが、高い代償となった。

タクシー会社コメント「お酒と上手なお付き合いされてますますご活躍を」

   前園はもともとそれほど酒が好きではなく、強い方でもなかったが、午前1時ごろから東京・六本木で開いた友人の誕生会でシャンパン1杯と焼酎4、5杯飲んだ。その後、新宿の店に移り、そこでも焼酎を数杯飲んだ。店を出たのはすでに夜が明けた午前8時半ごろで、そこからタクシーに乗った。前園は覚えていないといっているが、最近のタクシーはカメラが付いており、一部始終が写っている。乗車してすぐ寝てしまったが、気分が悪そうだったので途中で運転手が嘔吐に備えビニール袋を用意している。それには、「ありがとうございます」と礼をいっているのだが、金を払わずタクシーを降りて、呼び止められ暴行に及んだ。

影響力ある

   きのう釈放後の会見には伸ばしていたヒゲを剃り落とし黒のスーツ姿で現れ、「たくさんの方々にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」と神妙に謝罪し、反省の弁を述べ、今後は「酒を断つ」とまで言った。メディアへの活動も当面自粛するという。

   運転手の所属するタクシー会社から前園に次のようなコメントが寄せられた。「今回のことを教訓に、今後はお酒とは上手なお付き合いをされて、ますますご活躍されることを願っています」

言い訳にならない「酒を飲んでいたから…」

   司会の羽鳥慎一「アスリートとして影響力のある方ですからねえ」

   コメンテーターの舘野晴彦(『月刊ゲーテ』編集長)は前園の事務所の関係者と話をしたという。「報道の通りということです。絶対許されることではないし、あってはならないことですが、すぐ対応して、誠心誠意、謝っている。会見の前には電話で運転手さんに直接謝り、運転手さんもこんな騒ぎになるとはと思わなかったと言っていたそうです。来年ワールドカップもあるし、早く新たな一歩踏み出してほしいと僕は思いますけど」

   これ対して宮田佳代子(城西国際大学非常勤講師)は厳しい意見を述べた。「みんなお酒の失敗談ってあるじゃないですか。だけど、やっぱり許されることではないと思うし、そこに同情しちゃいけないと思うんですよね。お酒を飲むことによって理性のタガが外れて暴力となって出て来たとすれば、やっぱりここは自分をしっかり見つめ直さなくてはいけないと思います」

   当面の謹慎が必要という意見のようだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中