内山麿我いけにえ!野放し熟女の群れ「裸で踊ってよ」舌なめずりしながらいじりまくり
<嵐を呼ぶ!あぶない熟女Ⅵ>(TBS系)

印刷

   表向きは熟女たちがゲストの悩みに答えるものだが、その実はゲストのお悩みを肴に熟女たちが言いたい放題のストレス発散番組である。デヴィ夫人、加茂さくら、小川眞由美、小川知子、五月みどり、秋野暢子、石井苗子、南美希子、IKKO、杉田かおる…。ひな壇に並ぶ総勢15人の熟女たちは野放し状態となる。
   前回までボスとしてそこに淡路惠子がいたが、病気入院中のために欠席。代わりに声のメッセージが流れた。「私がそこへ行くまで皆さん生きててね。…私は頑張ってそこへもう1度行って座り込んでしゃべります。近いうちにお目にかかりますから」とジョーク交りで語っていたが、いまにも消え入りそうなか細い声にMCのチュートリアル徳井も「なんか泣きそうになった」としんみりしてしまう。淡路が本当に戻って来られるのか、逆に心配になった。
   この日、いけにえされたのは国民的歌姫Aの元彼ダンサー・マロこと内山麿我だ。自作の歌「REBORN」を熱唱したのだが、「歌詞がまったく入ってこない」「『再生』って1度は輝いた人がいうことよ」と熟女たちからダメ出しの連発となる。あげくに、小川眞由美に「マロちゃん、『ボレロ』踊って。裸で」とリクエストされ、上半身裸でダンスを踊る羽目になる。熟女たちの格好のおもちゃとなったマロは、おかげで自主制作のCDを20枚以上も買ってもらえることになったが…。なんだかんだいって、熟女たちはイケメンがお好きなようで。(放送2013年10月10日21時~)

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中