やなせたかしこそアンパンマンだった!「正義を行なうことは自己犠牲なんですね」

印刷

   子どもたちのヒーロー、アンパンマンの漫画家のやなせたかしさんが13日未明(2013年10月)、都内の病院で心不全のため亡くなった。94歳だった。おととし(2011年)に膀胱がんを患い肝臓に転移、今年8月下旬から体調を崩し入院していた。昨年7月には映画の舞台挨拶に元気な姿を見せ、「俺はまもなく死ぬんでね、せめてもう2年は生かして欲しい」と語っていたが、1年は願いが叶った。

仕事なく寒い部屋で電球にかざして生まれた「手のひらを太陽に」

   あの有名な歌『手のひらを太陽に』を42歳のときに作詞し、そのときのエピソードに手の平を透かして見たのは太陽ではなく電球だったというのがある。仕事がなく苦しい最中で、寒い作業場で凍えた手を電球にかざした時に着想が湧いたという。

死ぬまで現役

   『それいけアンパンマン』がテレビアニメとして放送開始されたのは69歳のときだ。それまでの正義の味方像に疑問を持ち、新たなヒーロー像をつくった。「悪いやつをやっつけ、正義は勝ったぞで終わる。僕はすごいインチキだと思った。相手をやっつけただけじゃ解決しないんです。正義を行なうことは自己犠牲なんですね」と考え、生まれたのがお腹を空かしている人に自分の顔を分け与える格好悪いヒーローだった。

東日本大震災目の当たりにして「生涯現役」決意

   アンパンマンの声を担当していた戸田恵子(56)は「やなせ先生こそがアンパンマンそのものでした。いつも優しさで私たちを包んで下さって、分けあうことを教えてくださった。大切な道しるべを喪った感覚です」

   キャスターの小倉智昭「一時、引退を考えたいたようです。でも、東日本大震災で自分のつくった歌で子どもたちが励まされるのを聞いて引退をやめ、死ぬまで現役でいようと考えを変えたんですってね」

   たしかに、やなせたかしはアンパンマンだったのだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中