伊豆大島「避難勧告」「特別警報」出てれば助かったのか?避難所の学校まで1キロ

印刷

   台風26号の影響で伊豆大島では豪雨が降り続き、きのう16日午前2時頃(2013年10月)にはひとつの集落が飲み込まれるような大規模な土砂崩れが発生した。18人がなくなり40人近い人が行方不明となった。

町長の責任で前日に安全対策とるべき

   救助活動が続くなか、阿部祐二リポーターが現地からナマ中継を行い、スタジオではこの事態への備えがどうだったのかが話し合われた。気象庁の「特別警報」は出ておらず、自治体の避難勧告もないなかで起きた被害であった。

逃げられない

   キャスターのテリー伊藤は「避難といっても、真夜中に大雨の中でどこへ行けばいいのか。避難場所の学校まで1キロあります。無理ですよ」と、深夜に警報や避難勧告が出ても現実的にはどうしようもないといったことを言う。

   一方、コメンテイターで弁護士の本村健太郎は「深夜に避難するのは無理だろうが、なぜ前の晩に安全な場所への避難を呼びかけることができなかったのか。これは自治体の長としての責任がある」などと主張した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中