警視庁綾瀬署お巡りさん行方不明!実弾5発入りの拳銃・警察手帳見つからず

印刷

   警視庁のお巡りさんが勤務中に制服で出掛けたまま行方不明になっている。乗っていた自転車や制帽は発見されたが、実弾5発の入った拳銃は発見されていない。事故なのか、何か事件に巻き込まれたのか、両面で捜査している。

嵐の中、騒音苦情の電話受け1人で出動

   行方がわからなくなっているのは、綾瀬署地域課所属で東京都足立区の中央本町交番に勤務する男性巡査長(24)で、台風が襲ったおととい15日(2013年10月)午後11時ごろ、騒音の苦情を受け、自転車に乗って1人で現場に出動した。

心配です

   しかし、約30分後に無線の呼び掛けに応じたのを最後に、連絡が取れなくなった。署員が付近を捜索したところ、2時間後の16日午前1時半ごろ、交番から2キロ離れたJRの高架下で自転車が見つかった。そこは巡査長が向かった苦情の現場とは逆の方向だった。さらに30メートル離れた公園近くの用水路のわきに無線機と制帽があったが、実弾入りの拳銃と警察手帳、携帯電話は見つかっていない。

おびき出され襲われた可能性

   いったいなにがあったのか。綾瀬署によると、勤務態度は普通でトラブルもないといい、家族も心当たりはないと話している。「捜査のプロ」の元警察官のふたりに聞くと――。

   元警視庁警視の江藤史朗氏は何者かにおびき出されたのではないかと推測する。「騒音の苦情がその後にないのなら、苦情そのものが疑わしいですね。おびき出すためのウソの苦情だったのではないでしょうか」とみる。

   元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は自ら消息を絶った可能性を指摘する。「警官がトラブルに巻き込まれた時は、トラブルが起きたことを知らせる連絡手段がいくつかあります。そういった緊急連絡の痕跡がいっさいないので、もしかしたら自ら意図したことかもしれない」という。ただ、連絡できないほど深刻な状況だったことも否定はできない。

   司会の羽鳥慎一「拳銃と手帳が一緒になくなっているところが心配ですね」

   コメンテーターの青木理(ジャーナリスト)「警察官の拳銃が奪われて重大事件が起きたことは過去にあるんですよね。警察手帳も悪用される可能性があります。とにかく、早く見つけて、拳銃を回収しないと」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中