2019年 9月 18日 (水)

三鷹ストーカー殺人・池永チャールストーマス「交際女性の裸画像」大量収集―警視庁も余罪捜査

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

被害女子高生も殺される6日前に「復讐ポルノ」ネットばらまき

<「沙彩さんの自宅の部屋のなかで、ベッドの上や大きな鏡の前で撮られていた。背景に写っている壁には、画家である母親の作と思しき絵が飾られている。沙彩さんは、笑顔で、すましたような表情、時には恥ずかしそうな表情を浮かべて写っていた。(中略)
   いずれにせよ、誰かに見せるとしても、非常に親しい関係にある人にしか見せないようなものばかりだ。不特定多数に向かって写真が公開されるのは、沙彩さんへの脅迫が目的としか考えられない。(中略)
   さらにその2日後、同じユーザー名から沙彩さんが映る動画が投稿された。撮影された部屋は不明だが、ベッドの上だ。(中略)撮影者はその男だ。時折、男と笑顔を浮かべて会話してることからも、親しい関係がうかがわれる」>

   これは『週刊ポスト』の「バラまかれた『復讐ポルノ』の残酷」からの引用である。東京・三鷹市でタレントの卵、鈴木沙彩さん(18)が、池永チャールストーマス容疑者(21)に殺された事件の6日前にインターネット上にばらまかれた写真は、沙彩さん自身の手で撮影されたものであるという。ストーカーに恥ずかしい写真まで公開され、そのうえ殺されたのでは、2度『殺された』ことになるのではないか。

   週刊ポストによれば、振られた腹いせに元恋人の裸の写真や映像をネットに投稿する行為は「復讐ポルノ(リベンジポルノ」といわれ、世界的な問題になっているようで、この10月(2013年)、米カリフォルニア州議会は嫌がらせを意図してヌード写真をネットに流通させた者に、最大で6か月の禁固か1000ドルの罰金を科す法案を成立させたという。

   事件が起きたのは10月8日16時50分頃、三鷹市の閑静な住宅街に住む私立高校3年の鈴木さんは、自宅内にいるところをかつての交際相手だった池永に襲われた。池永は昼ごろ、鍵のかかっていなかった2階の窓から鈴木さん宅に侵入し潜んでいた。『週刊文春』はより詳しく犯行までの経過をこう書いている。

<十月八日――。犯行直前、池永は沙彩さんの自宅内にいた。隣家の室外機を伝って無施錠だった二階窓から侵入し、 一階にある沙彩さんの部屋のクローゼットの中で身を潜めていたのだ。
   その暗闇の中からスマートフォンを操作し、A君(池永の友人=筆者注)らに無料通話アプリ「LINE」を通じて、次々と唐突な文言を送り始める。(中略)
   約二時間後、沙彩さんが学校から帰宅。前述の通り、沙彩さんはこの日の朝、両親と三鷹警察署を訪れ、池永によるストーカー被害を相談したばかりで、彼女が三鷹署員から帰宅確認の連絡を受け取ったのが十六時五十一分。約二分後に通話が終わると、クローゼットを飛び出した池永は、刃体約十三センチのペティナイフを手に、制服姿の沙彩さんを強襲したのだった>

   週刊ポストで捜査関係者がこう明かす。<「池永容疑者は京都出身。フィリピン人の母親と日本人の父親をもつハーフで、日本国籍を持っている。(中略)

   身長は約180センチと大柄で、高校時代は柔道部に所属していた。沙彩さんは刃物で首や腹など4、5か所を刺され、首の動脈が斬られたことが致命傷になった。使用された凶器は、9月末に現場からほど近い吉祥寺の雑貨チェーン店『ロフト』で購入したペティナイフだったようだ。犯行は計画的で、残忍なメッタ刺しからは、強い殺意がうかがえる」>

   沙彩さんは、現代美術画家の母親と映像関係の仕事に携わる父親の一人娘だった。小学生の頃からタレントとして活動し、将来の夢は女優だった。3年前には映画「冷たい部屋」(平田大輔監督)でスクリーンデビューしている。大伯父は脚本家の倉本聡氏。

   逮捕された池永は取り調べに対し、「交際をめぐり恨んでいた。殺すつもりで刺した」と供述しているという。週刊文春によれば、出会いは2011年の秋だったという。京都在住の池永は立命館大学の学生だと偽り、フェイスブックで沙彩さんと知り合った。遠距離恋愛の始まりだった。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中