映画版「Fifty Shades of Grey」有名俳優に嫌われる主役!ギャラ安いしセックス狂いの役どころ

印刷

   相変わらず映画版「Fifty Shades of Grey」のニュースがタブロイド紙を賑わせている。主役を降りたチャーリー・ハナムの後釜を誰がやるのかというわけだが、ネット上では女性たちがひいきの俳優の名前をヒステリックに連呼する状態となっている。

ネットはファン「推し」の無名セクシーイケメン祭り状態

   ベストセラー作品のメジャー映画化の主役にしては、グレイ役のギャラはあまり高くない模様だ。チャーリー・ハナムの出演料もハリウッドの常識ではかなり低い12万5000ドルだった。ハナムが役を下りた理由もギャラが安過ぎたためともみられている。

   ギャラの安さに加えて、超メジャーな俳優なら敬遠するようなセックス一辺倒の役どころであるため、グレイ役の候補に上る俳優たちはまだあまり知られていない顔ぶればかりだ。知られざるセクシーなイケメン発掘の場にもなっていて、ネットでは時ならぬ「イケメン祭り」が広がっている。

   映画「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソン、「アベンジャーズ」のクリス・ヘムズワースなどメジャーどころの名前をしつこく推すネットユーザーも目に付くが、恐らくお断りされる公算が高く、まず実現することはなさそうだ。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中