Jリーグ浦和・森脇、試合中に「イチゴ味」のキス そのお相手とは

印刷

   10月19日(2013年)に行われたサッカーJ1、浦和レッズ-鹿島アントラーズの試合は、浦和が1-0で勝利を収めた。浦和DFの森脇良太選手は、鹿島のFWダヴィ選手の攻撃を封じて活躍したが、そんなふたりの間にピッチの上でハプニングが……。フェイスブックで、こう告白する。

「今日の試合でダヴィ選手と本気でキスをしてしまいました(笑)ちなみに向こうからキスしてきたんですが…」

   森脇選手の激しい守備にエキサイトとしたダヴィ選手。怒って森脇選手に近寄って抗議するが、あまりにも興奮したのか顔を近づけすぎて思わず森脇選手に「チュッ」とやってしまった。その場は収まったが、後半にはダヴィ選手が森脇選手を突き飛ばし、レッドカードで退場となってしまった。

   重要な一戦での白星に、ついつい口も滑らかになる森脇選手。「ダヴィ選手の唇はイチゴ味やったな?」と笑い飛ばした。

   おりしも10月10日に入籍したばかり。幸せいっぱいの森脇選手に嫉妬したダヴィ選手が思わず唇を…というわけではないだろう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中