2018年 7月 21日 (土)

年末ジャンボ宝くじ今年は1億円増額の1等5億円!これもアベノミクス効果?

印刷

   宝くじはデフレのなかでも年年歳歳がごとく、順調に賞金を積み増しているようだ。そして「夢」だナンだとウツクしいキャッチフレーズが冠せられ、ハズレても自治体のためになるといって、大々的に宣伝され、賭けが推奨されるのである。

前後賞合わせて7億円

   この年末の「年末ジャンボ」は1等が前回の4億円から5億円に増額されるそうな。前後賞の1億円を合わせれば、夢の7億円も夢じゃない! これもアベノミクス効果かと思ったが、近年宝くじは大衆に不人気で売り上げが減少中。そこで賞金を上げて売り上げを伸ばそうというわけなのである。

もっと増額して!

   法律上は最高7億5000万円までの賞金提供が可能といい、司会の加藤浩次は「『まだ(増額)行けんじゃん!?』って話ですよ」と、視聴者にさらなる増額への期待を持たせていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中