年末ジャンボ宝くじ今年は1億円増額の1等5億円!これもアベノミクス効果?

印刷

   宝くじはデフレのなかでも年年歳歳がごとく、順調に賞金を積み増しているようだ。そして「夢」だナンだとウツクしいキャッチフレーズが冠せられ、ハズレても自治体のためになるといって、大々的に宣伝され、賭けが推奨されるのである。

前後賞合わせて7億円

   この年末の「年末ジャンボ」は1等が前回の4億円から5億円に増額されるそうな。前後賞の1億円を合わせれば、夢の7億円も夢じゃない! これもアベノミクス効果かと思ったが、近年宝くじは大衆に不人気で売り上げが減少中。そこで賞金を上げて売り上げを伸ばそうというわけなのである。

もっと増額して!

   法律上は最高7億5000万円までの賞金提供が可能といい、司会の加藤浩次は「『まだ(増額)行けんじゃん!?』って話ですよ」と、視聴者にさらなる増額への期待を持たせていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中