秋ドラマ好スタートが続かない…「リーガルハイ」「安堂ロイド」2話目で視聴率急落

印刷

   秋ドラマがいずれも好スタートを切りながら、2話目で視聴率が急落している。堺雅人主演のフジテレビ系「リーガルハイ」(水曜10時)は1話目に平均視聴率21・2%と、話題となったTBS系「半沢直樹」の人気を維持していたが、2話目は16・8%と4・4%も下げて「普通のドラマ」になってしまった。

   木村拓哉主演のTBS系「安堂ロイド」(日曜よる9時)も19・2%とまずまずのスタートだったが、2話目は15・2%と合格ラインぎりぎりまで急落した。ほかにも、低空発進だった日本テレビ系「ダンダリン」(水曜夜10時)は11・8%からヒトケタの7%台と苦戦している。

   秋ドラマのスタートとしては最も高かった22・9%で始まったテレビ朝日系「Doctor-X」(木曜よる9時)が2話以降どうなるか、総崩れとならなければいいが…。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中