2018年 7月 19日 (木)

「町田樹」参入!いよいよ激しくなったソチ五輪フィギュア男子出場枠争い

印刷

   来たるソチ五輪に向け、日本代表の男女の景気のいい話が聞けるのがフィギュアスケートだ。大竹真リポーターも「(男子の)選手層が厚い。日本だけじゃないですか、これだけ厚いのは」と鼻高々である。

5強にノーマーク若手が食い込み

   男子代表3枠は、羽生結弦、高橋大輔、無良崇人、織田信成、小塚崇彦の5強による争いと見られていたが、そこに遅咲きの「第6の男」が加わり、さらに激戦になった。ことソチ五輪についてはほぼノーマークだった町田樹選手がグランプリシリーズの第1戦で優勝したことにより、出場の可能性が急浮上したのだ。

   大竹一流の軽いノリで言わせると、「(ノーマークの)町田がアタマひとつ抜け出た状態で、5人からすると、『うわあ町田が来たか、これはかなりキツくなるぞ。ヤバイな』という状況」になっているそうだ。

   出場権争いとともにワイドショーにも急浮上した新星は、3歳からスケートをはじめ、その20年後の今年(2013年)、飛躍した。そのウラを番組が探ったところでは、アタマを丸刈りにするほどの決意で今年あたりから取り組んでる地道なジャンプ基礎練習と体幹強化があるそうである。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中