2018年 7月 20日 (金)

武井壮「マスターズ幅跳びは出られなかった。200m走は準決勝1位通過」

印刷

   世界マスターズ陸上競技選手権大会の幅跳びにエントリーした武井壮(40)が、出場できなかったと10月21日(2013年)にツイッターで報告した。世界マスターズ陸上競技協会(World Masters Athletics)の裁量で「出場NG」になったという。

   武井は21日の100メートル走で4位を獲得したが、満足できず「悔しいから幅跳びも出る!」と宣言していた。「今から跳ぶぞ!」と思った矢先、係員が止めに入った。突然のエントリーが問題になったそうだ。

   メダルへの思いは強く、「幅跳び出場できなかったから200mで勝負に出たわ」と語る。予選を第3位、準決勝を1着(22秒67)で通過したといい、翌日の決勝に向けて「世界マスターズの女神様微笑んでくれたらいいわ」と意気込む。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中