<クロコーチ>(TBS系)
ちょっと太めの長瀬智也ぐいぐい引き込まれる悪徳刑事!政治家・実業家の弱み握ってカネむしり取り

印刷

   今シーズン一番のおすすめでえーす。なんたって、長瀬くんのダークヒーローぶりがカッコいいったら。少し太って、中年男の魅力も出てきたぞ。きっと原作(リチャード・ウー/コウノコウジのコミック)のイメージに合わせて減量ならぬ増量をしたに違いない。あっぱれ、役者魂!

ワルだからあばける45年前「3億円事件」に潜む巨悪

   黒河内(長瀬智也)は政治家や実業家の弱みを握って金をせしめ、贅沢三昧の日常を送る悪徳デカだ。神奈川県警捜査二課の警部補である。

   このドラマが異色なのは、全体を貫く縦糸に「3億円事件」を据えていることだ。昭和43(1968)年、場所は東京の府中、白バイのニセ警官によって現金輸送車から3億円が盗まれた事件である。当時、金額の大きさと手口の鮮やかさから大いに世間を驚かせた。そして警察の大がかりな捜査によっても犯人が捕まらず、時効が成立してしまった。損失は保険によって補填され、だれも傷ついたり損をしたりしなかったことから、犯人を英雄視する空気まで漂ったような記憶がある。

   確かに大事件だが、45年も前のことを今さら、と最初は思った。しかし、長瀬くんに見とれ、意表を突くシビアな展開に引き込まれていくうちに「ン? 何だ、何だ?」と身を乗り出していた。どうやら、背後には長年にわたる巨悪が隠れていて、これから黒河内がそれを暴いていくらしい。

存在感薄い相棒・剛力彩芽のキャリア刑事

   第2回では、金髪のニセ警官(実は殺し屋)に扮した渡部豪太がよかった。遺留物を残さぬよう全身の体毛を剃り、全裸で犯行に及ぶ。その姿はすごいインパクトがあった。首つり偽装のため、相手の首に縄をかけて後ろ向きに背負い、前屈して絞め殺すという殺しの方法も衝撃的だ。渡部は普通のイケメンというにはビミョーな顔立ちのせいか、不気味さを感じさせる役をやったらハマる。そういう路線ばかりになったらちょっとかわいそうだけど。

   黒河内の相棒でまじめなキャリア刑事を演じる剛力彩芽はまだ存在感が薄いが、今後の成長に期待しよう。

   顔と言えば、悪徳警官・黒河内のキメ顔は、左の口角だけを上げて頬をゆがめた「ニヤリ」。鏡に向かって練習してみたけど、長瀬くんみたいにはうまくいかない。(金曜日よる10時~)

文   カモノ・ハシ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中