フジ27時間テレビまゆゆプロレス技「視聴者には不快感」BPO表明

印刷

   8月3日(2013年)に放送されたフジテレビ系27時間テレビで、タレントの加藤浩次がAKB48の渡辺麻友にプロレス技をかけ、視聴者から「不快なシーン」という指摘が相次いだ問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)は「人間の尊厳にかかわる行為という想像力が欠如していた」という『考え』を公表した。

   問題のシーンは「生爆裂お父さん27時間テレビスペシャル!!」というコーナーであった。加藤が渡辺の足を持って振り回し、顔や頭を踏んだり蹴ったりした。視聴者から「不快だった」「危険すぎる」という抗議が相次ぎ、BPOも意見聴取を行った。フジテレビは「爆裂お父さんはドキュメンタリーではありません。お茶の間プロレスコントです」と反論していたが、BPOは「局は視聴者がどう感じるかをもっと考えるべき」と結論した。悪ふざけの度が過ぎるということである。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中