和食がユネスコ無形文化遺産登録!高級日本料理でなく「一汁三菜」

印刷

   「和食」がユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録される見通しとなった。「和食」といってもいささか広うござんすが、いわゆる会席料理ではなく、一般庶民の「一汁三菜」だという。それってもうなくなりかけてるんじゃないの?

フランス料理、地中海料理、メキシコの伝統料理、トルコの麦かゆ食に続き5件目

   日本の無形文化遺産では、すでに歌舞伎や能、京都の祇園祭など21件が登録されているが、食では初めて。食ではフランス料理、地中海料理、メキシコの伝統料理、トルコの麦かゆ食があり、「和食」は5件目になる。まだ「中華」はない。中国は文化遺産の登録項目が多くて、食は後回しということらしい。

   文化庁の推薦を事前審査していた補助機関が登録を「勧告」したもので、この勧告が拒否された例はなく、12月(2013年)の政府間委員会(アゼルバイジャン)で正式に登録となる。同様に韓国の「キムチ」も登録されるという。

   何をもって「和食」とするか。庶民の食習慣「一汁三菜」が季節の食材や地理的条件、さらには行事とも結びついている点がポイントになったという。 高級な懐石、割烹とは違うということだ。しかし、この登録を進めてきたのは、他ならぬ「京料理」の人たちだった。

   最初に動いたのは2004年、「正しい日本料理を伝えたい」という意図だったが、文化庁は「食という分類はない」。たしかに早すぎた。最初の食文化として登録された「フランス料理」が2010年だった。そこで巻き返しに出たが、韓国が「宮廷料理」を「庶民のものじゃない」と見送った経緯などを踏まえ、会席ではない和食となった。

   推進してきた京都の割烹「菊乃井」主人で日本料理アカデミー理事長の村田吉弘さんは、「うれしくて、うれしくて。やっとこれでスタートラインに立った」 という。「自分らが食べているものは文化だ。大切に次の世代に伝えなければならないと、そう思ってもらえたら一番いい」

いまや海外の日本食レストラン5万5000件

   しかし、日本食ブームはとうの昔に世界中に広がっている。スキヤキ、天ぷらに始まって、日本式ラーメンから寿司まで。高級店では会席料理もある。農水省によると、海外の日本食レストランは約5万5000店もあるそうだ。回転寿司だって珍しくない。地元の食材・アイデアのとんでもない寿司もある。寿司を揚げちゃったり、果物を巻いたり…。これは「なんちゃって和食」というのだそうだが、「朝ズバッ!」はそっちの方で大盛り上がり。

   小松成美(ノンフィクション作家)「海外で日本のダシを説明すると、こんなに奥深いものかと、日本人の誠実さが伝わる。そういうものも込められている」

   今回登録の「和食」は、これらのどれとも違うのだから皮肉だ。それだけ日本食が奥深いということか。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中