2020年 1月 22日 (水)

進路予想難しい「台風27号」大陸寒気や前線、28号に翻弄されフラフラ北上

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   大型の台風27号が沖縄に接近している。きのう23日(2013年10月)夕方には南大東島で最大瞬間風速31.2メートルを記録した。この週末に本州南岸に接近するとみられ、台風26号で土砂災害を受けた伊豆大島では、高齢者の島外避難も行われた。

   しかし、この台風、いまひとつ読み切れないものがあるという。

速度遅く長時間続く大雨や強風

   気象予報士の森朗は「台風28号はいまが最盛期。27号は衰えている」という。28号は本州のはるか東方を北上するので直接の影響は少ないが、 27号は先行する雨域が九州から山陰、北陸、東北へと大きく広がっている一方で、台風に近い鹿児島では雲が薄かったりと微妙だ。

   27号は速度が遅いため、強風や雨が長く続く恐れがある。すでにきょう24日朝までの24時間に、九州、四国、中国地方で100ミリ超、大分では200ミリを超えているところもある。進路次第では、大島のように局地的な豪雨に見舞われるところが出るかもしれない。

   その進路だが、ちょうど屈曲点にあって、きょうの夕方までに進路が北西から北東に変わる。そこから速度が上がると見られるのだが、大陸に寒気があり、四国あたりに前線ができている。日本の北にある高気圧からの吹き出しと、強い状態で北上する台風28号の動き次第で、前線が消えたり雨域がなくなったりもあり得るのだという。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中