嵐の夜…寝室侵入し冷徹に会社員刺殺!プロの犯行?家族には手出しせず―埼玉・越谷

印刷

   台風26号が関東地方を襲っていた今月16日未明(2013年10月)、埼玉県越谷市で会社員が殺害される事件があったが、犯人は中学生の長女(13)に「お前に用はない」と言い残すなど、1週間たった今も謎の部分が多い。

目を覚ました長女に「お前に用はない」

   殺害されたのは速水謙一さん(54)で、1階リビングで血だらけになって倒れているのを妻(35)が発見した。謙一さんは胸を刃物で刺されており、病院で死亡が確認された。家族は妻、長女、次女(10)の4人暮らしで、事件当時、速水さんは1階で、妻子は2階で寝ていた。

捜査のポイントは?

   犯行後、男は2階に上がり、目を覚ました長女が声を上げたため顔を殴り、テープで手足を縛った。さらに、「何歳?」と聞き、「13歳」と答えると、「お前に用はない」と言って去った。やせ形の黒っぽい服装をした男だったという。

   犯人が侵入したと見られるのは1階の和室で、携帯用ガスバーナーなどで窓ガラスを破る焼き破りという手口を使っていた。速水さんの財布は見つかっていないが、リビングは物色された跡はなく、妻の財布や通帳は残されていた。

凶器やテープを事前に用意

   レポーターの所太郎が3つの謎を上げる。

(1)なぜ台風の夜の犯行だったのか
(2)長女に対して「お前に用はない」といった意味
(3)犯行の目的は何だったのか

   これに対して、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が解説する。台風については、「台風の夜というよりも、10月16日という日に殺害しようと計画していたのではないですか。気象条件よりも生活のパターンを把握したうえでの犯行と思われます」と見る。

   「お前に用がない」については、「殺害だけが目的ではないというカモフラージュと思われます。犯人から見て性的暴行の対象にならないと思ったのだろう」という。犯行の目的については、「凶器やテープを事前に用意していたことから、速水さんの殺害が第一の目的だった。泥棒や強盗は怪しまれるから、凶器などを持ち歩かないものです。凶器を使うにしても、侵入してから台所の包丁を持ち出すケースが多いですね」

   司会の赤江珠緒「今後の捜査のポイントはどうなるのでしょうか」

   小川「面識があり、痴情怨恨の可能性が非常に強いと思います。警察は交友関係を1人ひとり当たっているのではないでしょうか」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中