小林よしのり「BPO『まゆゆ蹴り』問題。指原だったら問題なかったのでは?」

印刷

   8月3日(2013年)放送の「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系)で極楽とんぼ・加藤浩次(44)がAKB48・渡辺麻友(19)に「暴力」をふるった問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会は10月22日に「視聴者は不快感を感じた」という内容の「考え」を公表した。

   漫画家の小林よしのり(60)は10月23日のブログで「考え」への疑問を投げかけている。バラエティー番組では「イジられる」のが「オイシイ」とされ、指原莉乃(20)などは「出てくるだけで笑われるキャラ」なのが強みだと指摘する。

   しかし、渡辺は丁重に扱うべき「王道アイドル」で、「バラエティーに不向きなキャラ」だったという。加藤はその「タブー」を破ったため批判されたとし、「『聖性』『カリスマ性』を崩壊させて、『大衆化』させてはいけないメンバーがAKBグループにはいるのだ」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中