「空塗り3年、松の木10年、富士山一生」東京にもう2人しかいない銭湯絵師50年の技

印刷

   銭湯絵師はいまや東京に2人しかいないといわれる。湯船の向こうに富士山の背景画を描くペンキ絵師だ。「週刊人物大辞典」コーナーで、その一人、中島盛夫さん(68)の仕事ぶりを紹介した。

   中島さんはその日、キング・オブ・銭湯と呼ばれる東京・北千住の「大黒湯」の壁絵を3年ぶりに描きかえる作業に取り掛かった。7時間で男湯と女湯に2つの異なる富士山が姿を現した。男湯は逆さ富士、女湯には色鮮やかな赤富士が描かれていた。

「お客さんに露天風呂に入った気分で帰ってもらえたら、それでいいんです」

   司会の羽鳥慎一「中島さんが銭湯画に出合ったのは18歳のときでした。就職のために福島から上京して工場に勤め、たまたま入った銭湯に描かれた雄大な富士山を見て驚き、その絵をたった1人の絵師が描いたという事実を知って、自分も富士山を描きたいと思うようになったそうです。1年で工場を辞め、絵師に弟子入りしました」

下書きもしないの!

   中島さんは下書きをしない。何を描くかは白紙で、現場にたってから決める。

   コメンテーターの長嶋一茂(スポーツキャスター)「凄い。下書きも構図も決めずに、あれほど大きな絵が描けるものなのですね」

   羽鳥「設計図はすべて中島さんの頭の中に入っているそうです。その設計図を現場の雰囲気を考えながら取り出し、何を描くかを決めているようです」

   中島さんは「いろいろな苦労がありますが、書き終えたときの醍醐味はそれ以上ですね。その時、一番いいと思える絵を描いています。壁画を描くことに終わりはないと思います。お客さんがお風呂屋さんに来てリラックスしてもらい、露天風呂に入った気分で帰ってもらえたらいいんです」と語る。

「ニューヨークあたりで富士山のでっかい壁画描いてみたい」

   吉永みち子(作家)「私も小さい頃に銭湯に通いましたよ。絵が変わっていると、それまでとは違う温泉に来たような気分になれましたね」

   羽鳥「空塗り3年、松の木10年、富士山一生だそうです」

   長嶋「空塗りといっても、ブルーのペンキを塗るだけでしょう。それに3年もかけるとは」

   中島さんにはこんな夢がある。「いつか一度でいいから大きな壁画を描いてみたいですね。ニューヨークあたりであるじゃないですか。大きさはいくらでもいい。富士山を描きたいね」

   ニューヨークと入浴のダジャレ?

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中