「義父と嫁」に何があった?北海道旅行中に小学校で首つり、ホテルには女性遺体

印刷

   札幌市で奇妙な事件が起きている。ホテルで若い女性の変死体が見つかり、そこから10キロ以上離れた小学校で年配の男性が首をつって死んでいるのが発見された。その男性の携帯電話に「私は息子です」という電話がかかってきた。まだ、詳しいことはわからないが、死んだ2人の間に何があったのか。

男性遺体の携帯電話に「私は息子です」

   事件が発覚したのはきのう28日(2013年10月)の午後2時半ごろで、札幌市内のホテルで20代の女性がベッドにうつ伏せの状態で死んでいるのが発見された。目立った外傷はなかったが、発覚のきっかけは意外なところからだった。女性の遺体が見つかる3時間前の午前11時ごろ、市内の小学校の敷地内で70代の男性が首をつっているのを通行人が発見、110番通報した。この男性の捜査から宿泊先がわかり、ホテルを調べたところ女性の遺体が見つかった。

謎が多い

   この2人にはつながりがあった。警察が男性の遺体を調べていたところ、突然、男性が持っていた携帯に電話がかかってきた。内容は「私はこの携帯電話の持ち主の息子です。妻と父親が旅行中ですが、連絡がとれません」というものだった。息子を名乗る男性によると、2人は名古屋在住の義理の親子で、1週間前から北海道を旅行したという。

自殺現場は気温5度。ホテルの浴衣姿のまま…

   「大変謎の多い事件ですが、謎は大きく分けて3つあります」とレポーターの高村智庸が現場から伝える。ひとつは男性が発見された場所だ。ホテルから13キロも離れていて、タクシーで30分以上かかる。男性はなぜその場所を選び、どうやって行ったのか。さらに、男性の服装も普通とはいえない。気温5度の寒い季節なのにホテルの浴衣姿のままだった。そして、最大のなぞだが、女性と男性の関係だ。警察は息子と名乗る男性から事情を聴き、2人の身元の確認を急ぐことにしている。

   司会の羽鳥慎一「たしかに謎が多い事件ですね。これからもっと事情がわかってこないとなかなか難しいですね」

   けさ28日(2013年10月)のところは、ここまでだった。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中