失うものができた松本人志…商売にマイナスの話はスルーかい!?「R100」大コケにダンマリ
<ワイドナショー>(フジテレビ系)

印刷

   10月14日(2013年)にスタートした新番組である。ダウンタウン松本人志がレギュラーコメンテーターをつとめる深夜のワイドショーで、ゲストを迎えてのトークコーナーもあるが、その週に話題になった芸能情報の中から気になるネタをピックアップして松本が斬る「ワイドナトピックス」が目玉らしい。
   ここで松本が話したことはすぐにネットにあげられ、注目されるそうで、松本いわく「この番組はソンしかない」。とはいえ、その口ぶりは嫌がっているというよりは、いかにメディアが自分の言葉に注目しているかと自慢しているようにも見える。
   松本は監督した映画「R100」が大コケ、客入りの悪さが話題だが、それについてなにか言うかと期待したが、まったくの触れない。それこそが今、視聴者が松本に聞きたいことだと思うのだが……。これなら9月までおデブの女芸人たちがやっていた前番組「10匹のコブタちゃん~ヤセがまんしないTV~」のほうがましだった。
   そもそも「ワイドナトピックス」は「コブタちゃん」の中でやっていたものだし。彼女たちのほうが身を切っていたぶん面白かった。
   失うものが多いと芸人はこうもダメになるのか。松本には今こそ、自らが書いたベストセラー「遺書」を読み返し、「40歳で引退する」と息巻いていた頃を思い出していただきたいものだ。(放送2013年10月22日0時50分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中