2018年 9月 21日 (金)

くまモン赤いホッペ紛失「小山薫堂さんに単なる『くまさん』って言われたモン」

印刷

   熊本県の公式ゆるキャラ「くまモン」がショックを受けている。生みの親である放送作家の小山薫堂(49)に「くまさん」呼ばわりされていると、10月30日(2013年)にツイッターで明かした。

   くまモンは30日朝に「おはくま……眠れんだったモン……」とつぶやき、続いて「ボク、なんか変じゃないかモン?」と問いかけた。ツイートにはタオルをかぶった写真が付いているが、どちらもチャームポイントの「赤いホッペ」がない。

   白と黒のツートンカラーになってしまったため「小山薫堂さんに、今のボクはただの『くまさん』って言われちゃったモン…。ショッくまー」と語るが、どうやら県の新たなキャンペーンらしく、公式サイトには蒲島郁夫県知事の「緊急記者会見」が掲載されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中