わが子を次々捨てた夫婦逮捕!2人は保護、1人は虐待、長男は行方不明

印刷

   2002~2011年の間に、3人の幼いわが子を捨てた疑いのある夫婦がきのう30日(2013年10月)に逮捕された。子供のうち2人は生きて発見され無事だったが、夫婦が02年に捨てたと供述している長男はいまだに行方不明である。夫婦はこのほか、もう1人の子供も虐待していたとされ、この子は04年に児童相談所に保護された。

窓に目張り、深夜の買い物…奇妙な生活ぶり

   おおたわ史絵(内科医)「普通では考えられない。動物以下としか言いようがない」

   30代のこの夫婦はこの1~2年は東京都大田区のマンションの8畳ほどのワンルームで暮らしていたという。その玄関横の窓には目張りがしてあった。夫は無職、妻は接客系飲食店で働いていたそうで、「深夜に人目を避けるようにひっそりと生活していた」(阿部祐二リポーター)らしい。ご近所からは「(深夜などに夫婦で買い物する際は)男の人はうろうろしていて不審な感じだった。普通の夫婦には見えなかった」との証言が聞かれた。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中