2018年 7月 19日 (木)

台風被害のアントキの猪木「保険で『家一軒分』の被害額おりる。ホテル暮らし嫌だなあ」

印刷

   10月16日(2013年)の台風26号で自宅マンションが浸水したモノマネ芸人・アントキの猪木(40)の家に、浸水被害の調査員が訪れた。管理会社、調査会社、賃貸専任不動産会社からあわせて5人来たが、被害の大きさに「全員テンパってた」と30日のブログで報告している。

   調査の結果「全室修繕が必要」と判断された。家財道具はすべて補償され、修繕と補償の費用だけで「家一軒分」の額になるという。修繕の間は「ホテル暮らし」を余儀なくされ、無事だった家財道具をトランクルームに入れるため、「家財道具の移動が大変だ。困ったなぁ」とぼやく。

   修繕には最低2か月かかるらしく、「引っ越しはしたくないけど するしかないか」とあきらめながら、自分を「まあ、がんばっぺ」と励ましている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中