「水路にワニがいる」琵琶湖のほとりで大騒ぎ!捕えてみると…何これ?

印刷

   琵琶湖のほとり、滋賀県守山市の住宅街を流れる水路で30日朝(2013年10月)、子どもがワニを見たという通報があり、駆けつけた市職員が確認し大騒ぎになった。キャスターの小倉智昭が「この後とんでもない事実が判明したんです」とてん末を伝えた。

市職員・警察官10人がかりで捕獲!あれ、全然動かない

   市職員が撮ったという写真を見ると、水面に目だけを出した本物のワニだ。警察官も駆けつけ、10人がかりで網を持ってようやくすくい上げた。しかし、ワニはまったく動かない。ワニのからだには木屑までついている。おそるおそる触ってみると…、なんと剥製だった。

とんだ顛末

   守山市は先日の27号台風で浸水した家から流れ出したものか、いたずら目的で誰かが置いたのではないかと推測している。剥製のワニは市が処分することで大騒ぎは一件落着した。

   小倉「ワニの剥製を大事に持っている人もいるんでしょうね。あんまり持ちたいとは思いませんがね」

   人騒がせなワニの剥製に不満顔でつぶやいた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中