「マー君に勝ち逃げさせない」巨人優勝信じるテリー伊藤6戦目勝利を確信

印刷

   読売巨人軍と東北楽天ゴールデンイーグルスのプロ野球・日本シリーズはきのう31日(2013年10月)、楽天が第5戦に勝って対戦成績を3勝2敗とし、シリーズ制覇に王手をかけた。

不振の巨人打線 若手・辛島も打ち崩せず

   きのうの見どころは、楽天が実績の乏しい若手の辛島投手を先発に起用したことだった。巨人を応援するキャスターのテリー伊藤はきのうの「スッキリ!!」で、「カラシマァ? (シーズンで)3勝か4勝でしょ。巨人をナメてないか」と鼻息荒く語り、勝利を確信したふうであった。フタをあけてみれば、楽天の戦略が「まんま(と当たった)じゃないですか」(司会の加藤浩次)。カラシマは巨人の大エース内海投手を上回る好投を見せたのである。

そうはさせない

   第6戦はあす楽天のホーム仙台で行われ、楽天は今季24勝(+ポストシーズン2勝)0敗のマー君こと田中将大投手が先発登板する見込み。ゴリアテ軍は二重、三重に追い詰められた感じである。

   このシリーズを通して、巨人ファンの鑑のような強気な言動を続けているテリーは、けさも動じることはなかった。加藤が「マー君、これで勝って海外(移籍)ってなったら、カッコよすぎますね」と煽ると、テリーは負けじと「勝ち逃げって感じですからね。そうはさせません」と力を込めて言い返していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中